ミントリフトのメリット、知ってる?

紫外線や乾燥、表情筋の衰えが原因で肌にたるみが生まれ見た目が実年齢より老けて見えるようになりこの症状に悩む人は多いでしょう。美容に関する技術や医療の発達により現在では多くの化粧品や美容機器が市場に出回っており、テレビや雑誌で宣伝されるケースは少なくありません。しかし化粧品を初めとしたスキンケア製品にも限界はあり、自力で全ての肌の悩みを解消するのは難しいです。こうした場合医療機関へ向かい手術を行い強制的に不満要素を取り除く方法があります。美容整形、外科も進歩を見せており人口が密集する都市部では多くの美容クリニックやサロンが様々な方法で肌トラブルや顔のつくりの悩みを解消します。たるみだけでも多くの手術方法が存在し超音波や高周波、ヒアルロン酸注射など様々です。ミントリフトもその美容整形手術の一つと言え、フェイスラインのたるみに大きな効果を発揮します。糸を使い皮膚を引っ張る方法をとるミントリフトは一見痛々しいイメージがありますが、実際には多数のメリットが存在します。

ミントリフトのメリット

引き締めの持続効果が長い利点

特殊な糸を使いたるみを引っ張る手術を行いますが、麻酔や消毒をするので施術中に痛みは感じません。医療技術の進歩により糸を埋め込む際にできる傷を髪の毛で隠れやすい位置に移して手術が出来るようになったので、顔に傷をつけることなく自然な見た目になれるメリットも存在します。よく美容整形を行ったあと数日はメイクや入浴が不可能になるケースがありますがミントリフトの場合、メイクや洗髪といった行為が翌日に出来るので家事や仕事に支障が生まれません。現在では手術に使用する糸にも種類が存在し大きく分けて溶ける糸と溶けないものに分類され、異なった特徴を持ちます。かつては溶けない糸で施術することが多く、引き締めの持続効果が長い利点が存在します。一方溶ける糸を使用するミントリフトは数ヶ月から約2年ほどで体内に吸収され消えるので、体内に異物があることに抵抗がある人におすすめです。またこの方法は新たなシワやたるみが発生した際、再び手術を行える利点があり失敗のリスクや一度だけの治療にならずに済むでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。