ミントリフトのダウンタイムにしてはいけないことって?

ミントリフトは、フェイスラインのたるみ改善に大きな効果がある治療法です。糸を使用した切らないたるみ治療ですが、その糸の特殊な構造により確実にしっかりとリフトアップが期待できます。棘をつけたような特殊な糸は、フェザーリフトの中でも強度、固定力ともに高いため持続性にも問題ありません。
外科用手術で使用され、アメリカのFDAで認可されている安全性の高い糸は強度が8倍、持続性が3倍です。そのためリフトアップ効果も従来の3倍の持続時間があります。
ミントリフトは強いリフトアップだけでなく糸が体内に吸収された後も、肌内部のコラーゲン、エラスチンの増殖作用が持続します。糸についている棘により異物反応を高めて身体を守ろうとするためコラーゲン、エラスチンの効果が続きます。細胞レベルで、ハリと弾力をサポートしてくれます。切らない治療のため腫れ、内出血はほとんどなくダウンタイムはほとんどありません。軽い痛みがあってもその日にメイクも可能です。

ミントリフトのダウンタイム

ダウンタイムの腫れや内出血はほとんどない

ミントリフトは従来のリフトアップより効果的な一番の違いは、糸にあります。従来の糸はお肌から挿入して皮下組織に引っ掛けてリフトアップ、たるみの改善を行っていました。ミントリフトの優れた点は、糸だけではありません。
ミントリフトはそれまでの平面的な挿入ではなく、立体的(3D)に挿入して今までよりさらに強力な効果と長い持続時間が得られます。糸そのものの進化によって、安全で確実に得られる効果は大きくなっています。
ダウンタイムの腫れ、内出血はほとんどなく髪の生え際に穴ができるだけなので目立つこともありません。施術後側頭部が数時間腫れて痛みがでる場合も希にあります。アイスパックや冷たいタオルで冷やすと腫れや痛みは軽減されます。また当日からメイク等はできますが、気になる場合は控え目にマスクなどを利用すると便利です。入浴、洗髪はできますが、飲酒、激しい運動はできません。
また妊娠している方や授乳中の方は医師との相談の上できない場合があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。