ミニリフトの効果やメリット5つを実際の経過症例4つから考察してみた

ミニリフトの効果・メリットのまとめ

ミニリフトは、本格的さと手軽さを兼ね備えた新しい治療法といわれています。
このミニリフトのメリットは、本格的な手術だけど傷跡が残りにくい、一気に若返るので印象の変化がわかりやすい、ということです。

手術の切開線が短くて手術の範囲も狭いのでダウンタイムが圧倒的に短いというのは魅力です。傷跡の小ささから他人に気付かれるような心配がないのもいいです。また、広範囲のシワやたるみを改善できるのでメスを使わない手術よりも段違いの効果が現れます。

デメリットは皮膚全体を引っ張り上げることになるので、失敗で皮膚組織を傷つけてしまったり、違和感を感じる顔になる可能性もあります。

術後のダウンタイムは短いとはいえ、2週間ほどは痛みや腫れている状態が続く可能性もあるといいます。高い若返りを期待することができるのですが、リスクや負担もしっかりと理解して手術を受けることが大切です。

また、当日帰宅することができ、数日後に確認のためにもう一度診察にクリニックなどに訪れる必要があります。

ミニリフトのメリット

ヴァニラの様な顔のたるみやしわの無い顔にリフトアップできる

ヴァニラは、幼少期のコンプレックスから、自分の理想を求めるために美容整形手術を繰り返し行うことで、理想的なボディラインや美貌を手に入れることができました。

彼女の顔のように、たるみのないキレイな状態にするためには、いくつかの美容整形手術の方法が考えられます。
まず一般的に考えられるものが、フェイスリフトです。
フェイスリフトで行われる、糸のフェイスリフトであれば、元の状態が重症であっても思い通りのリフトアップが可能となります。
糸を使って、たるみやしわの気になる部分の皮膚を、上につり上げて留めることで、きれいな滑らかな肌の状態を取り戻すことができます。
他にも、加齢を感じさせるポイントとしては、法令線があります。

法令線が深くなってしまうと、締まりのない顔つきになってしまいます。
症状が軽症な場合には、プチ整形でも対応することができます。
代表的なものとして、ヒアルロン酸の注入です。

これは注射で行える手術なので、皮膚の切開の必要もなく、ふっくらとした肌を取り戻すことが出来ます。
しかし、体内への吸収率も良いので、定期的にメンテナンスを行っていく必要があります。
また、目の下のくまも美肌への大きな影響があります。

目の下のくまは生活感が現れてしまったり、疲れて見えてしまうというデメリットがあります。
この治療には、レーザー治療が効果的です。

レーザーの光を照射することによって、皮膚の中のメラニン色素を破壊して色味を薄くしていくことができます。
しかし、この治療を行う場合には、技術力の高い医師に依頼することが大切です。

くまは目に近い部分でもあるので、レーザーを照射するためには高い技術力が必要となります。
照射位置を間違えてしまうと、目への影響が出る可能性があるので注意しましょう。

ミニリフトの効果

1回分の治療費などを抑えたいという人にもおすすめ

ミニリフトがおすすめの人には、しっかりとした持続性を期待しているという人や即効性がある手術を受けたいという人です。

また、ほかにもコストパフォーマンスのよさや1回分の治療費などを抑えたいという人にもおすすめです。
ミニリフトの手術で効果が出る場所は、こめかみ、頬、口元といったピンポイントに効果があります。手術時間は60分ほどで、静脈注射か全身麻酔を利用します。半永久的に効果を持続することができるので、なかなかケアをすることができない人にはおすすめです。

手術を受けた当日でも、創部がぬれることがなければシャワーを使うことも可能です。運動は術後、早い時期に行うと腫れてしまう可能性があるので、手術をした後24時間は運動をしないように気をつけます。

手術後は翌日から3日間くらいまでは軽く歩く感じの運動に止めておきます。4日から6日も腫れが出ることは少なくなりますが、激しい運動は避けておくといいです。そして、手術後2週間経ったころになると創部も落ち着いているので普通に運動をしても大丈夫です。

日帰りで行える整形

ミニリフトといったら若返りやアンチエイジングの中でも人気のある整形手術の一つです。本格的なリフトアップをするのには抵抗があるけど、少し気になるしやってみたいという方にはお勧めです。

顔の表面の皮膚の余分なたるみを除去し、表在性筋膜を引っ張り上げることで、5歳から10歳程度の若返り効果が期待できます。体への負担も軽く、次の日からは普通に仕事に行くことができるのが、ミニリフトのメリットでもあり人気の一つです。

特に最近では、プチ整形のような体の負担が軽く、日帰りで行える整形には人気が集まっています。

糸リフトよりも引き上げ効果は高い

簡単な手術がメリットのミニリフト。

ミニリフトはフェイスラインを中心に、しわやたるみを改善するのに効果的です。

皮膚のたるみはその下の組織が影響している場合がほとんどで、単純に皮膚だけ引っ張ればよいというものではありません。

実際の手術の際は、目立たない部分、顔の端っこや髪の生え際付近、こめかみ部分から切開し、余分な皮膚を切り取っていきます。

そして表在性筋膜も切り取ることで、皮下組織もひっぱりあげていきます。これにより顔の筋肉も持ち上がってくるため若返り効果があります。

簡単な手術がメリットのミニリフトですが、場合によっては筋肉同士を保持している靭帯も切り離して手術を行います。

通常、靭帯は伸びたりすることがなく、加齢などによりしわやたるみの原因とはなりえません。

しかし靭帯周りの脂肪や皮膚はたるんでいる場合が多く、その周辺を引っ張り上げようとしても靭帯がくっついていると、うまく引っ張り上げられない時があります。

その時には邪魔な靭帯を切り取ることで、若返りのための手術を行うことが出来ます。

ほうれい線やほほのたるみ、下がった口角やあごやえらのたるみを解消できる

対応している部位や症状は、ほうれい線やほほのたるみ、下がった口角やあごやえらのたるみを治すことができます。

特に口周り周辺はそのしわやたるみを改善することでかなり若々しくなれるので、大きな効果が期待できます。また肌にハリが出るので、化粧ののりも良くなり、想像以上の若返り効果が期待することができます。

上手い病院・オススメ名医のご紹介はこちらから

こちらの相談所では、ミニリフトのメリットについてご説明致しております。

具体的な名医のご紹介は下記のメールフォームまでお気軽にお問い合わせください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。