ミニリフトのリスクとして有り得るのは?

ミニリフトとは、顎や口元など、部分的なたるみを解消するため耳の辺りを小さく切開して行うフェイスリフトのことで、顔全体の本格的なフェイスリフトに比べると、傷口が小さく、目立ちにくい、などの特徴があります。また、ダウンタイムも短くて済み、誰にも知られることなく5歳から10歳ほど若返りたいと希望している方にとっては、嬉しい施術の一つです。

施術の方法としては、耳の付け根の髪の毛で隠れる辺りを切開して余った皮膚を切除し、SMAS(表在性筋膜)を上方に引っ張り上げ、縫合する、というものです。ミニリフトという名称がついていますが、メスを使用して切除や縫合をする以上、リスクが全くないわけではありません。もちろん、顔全体の本格的なフェイスリフトに比べれば施術の時間、腫れ等は少なくて済みますが、どのようなリスクがあるのかは、事前に確認しておくことが大切です。

納得の施術を実現するため、カウンセリングはしっかりと受けましょう。

ミニリフトのリスク

しっかりとリフトアップしたい方は顔全体のフェイスリフトがおすすめ

傷口が目立たず、身体に負担もかからないと人気のミニリフトですが、リスクとしては具体的にどのようなものが考えられるのでしょうか。

まず考えられるのは、縫合時の不具合です。皮膚を切除して縫合する際、もみあげなどの位置がずれる恐れがあるのです。また、傷跡はどうしても皮膚の色が白っぽくなりますので、人によっては思いの外傷跡が目立つ、といったことも起こります。中には、ポニーテールなどの耳をあらわにする髪型はできないという人もいるようです。
また、耳が大きく見えてしまったりなど、耳の変形が起こることもあります。他には、頬の辺りまではリフトアップ効果があまり感じられないという人も。これは切開部分が小さいため、顔の中央部までは効果が出にくいために起こるのですが、やはり頬の辺りをしっかりとリフトアップしたい方は、ミニリフトではなく、顔全体のフェイスリフトがおすすめです。

以上の点を踏まえて、これはミニリフトに限りませんが、やはり臨床例がたくさんある信頼できるクリニックを選ぶことが、満足のいく施術をするために最も大切なポイントでしょう。口角の上がった、キュートな笑顔を取り戻しましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。