ミニリフトのアフターケアが大切な理由

ミニリフトの効果や仕上がりを評価するときには、皮膚の状態や効果を確認します。
場合によっては効果がなかったり、ひきつれや麻痺、傷跡などが酷いなどの失敗が起きてしまい、修正や再手術を行う人もいます。

ダウンタイムは本格的なフェイスリフトだと大体2週間程度ですが、ミニリフトだと1週間程度です。
その間は腫れやむくみ、傷跡の赤みも強いので外出時にはマスクなどを着用することをおすすめします。

アフターケアは血流が良くなることが無いように安静にして過ごします。
クリニックでは傷跡を少なくするためのコツや、処方した内服薬についての説明などをしてくれます。

受けた後は、形や触感、持続性や傷跡に合併症、後遺症や痛み、術後の経過に注意します。
身体的負担は比較的重いため、少ならず術後にむくみや内出血、ダウンタイムがあります。

ダウンタイムを少しでも短縮させて、普通の状態に戻していけるように、内出血やむくみなどの早期鎮静を促進させる漢方薬などを処方してくれるクリニックもあります。

ミニリフトのアフターケア

アフターケアはそれぞれ異なっていますが主に化膿留めなどを処方

ミニリフトの手術を受けた後のクリニックでのアフターケアは、それぞれ異なっていますが主に化膿留めなどを処方してくれます。
痛み止めや安定材は、痛みが強いときや眠れないときだけの服用です。

服用で異常が出た時には直ぐに中止してクリニックに連絡します。
個人によって内出血のため赤紫になることもありますが、10日から2週間程度でとれます。

傷口の赤みは2ヶ月から3ヶ月程度で目立たなくなってきます。
ミニリフトのアフターケアは、自宅でも重要となります。

シャワーは手術翌日から顔を濡らさないようにして浴びることが出来ます。
洗顔や入浴、化粧は傷口をこすらないようにすれば3日後から可能で、洗髪は4日後から出来ます。

メイクは手術当時からでも可能です。
抜糸後の傷跡を綺麗にするために、5日から1週間おきに茶色のテープを傷口に沿って2ヶ月から3ヶ月間貼り替えます。

飲酒は1週間程度は避けて、激しい運度や顔のマッサージ、パーマや髪の毛を染めるのは1カ月間は控えます。
またメガネも2週間は控えた方がよいです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。