治療前に知っておきたい!ミニリフトのデメリット3つ

ミニリフトのデメリットをまとめます

ミニリフトは、フェイスリフトの施術の一種で、皮膚を切除して行います。具体的には頬から口元にかけて部分的なたるみを改善することができます。

切開する部分は、耳の付け根付近で、余分な皮膚を切除して皮膚を上後方に引き上げ、縫合していく施術です。

ミニリフトは、皮膚を剥離、切除して縫縮する方法と、SMASと呼ばれている方法があります。

SMAS法は、皮下組織の下に存在しているSMASと呼ばれている筋膜から引き上げる方法です。SMASは、皮下組織と表情筋の間にあり、SMASがたるんでいると皮膚のみを引き上げても効果が思ったように出ないデメリットがあります。

そのため、SMASから引き上げる方法が人気となっていますが、施術には高い技術が必要です。腕の良い医師を選びましょう。

施術を受けた後は顔がひきしまり、小顔になることが期待できるだけでなく、お肌のたるみがとれて若々しくなることができます。侵襲がなるべく少ない手術がおすすめです。

ミニリフトのデメリット

傷跡はどんなに名医が行っても全くなくすということは不可能

ミニリフトの料金や手術にかかる時間、ダウンタイムは、クリニックによって大きな幅があります。

料金を聞く場合には皮膚のみの施術を行うか、SMAS筋膜まで施術を行うかの確認をしましょう。SMASによる施術時間はおよそ一時間程です。

入浴や洗髪、洗顔は当日から可能です。

そして。ミニリフトで考えられるリスクである傷跡についてですが、ミニリフトは、切る手術のため、もみあげの変化がおきる場合があります。皮膚を除去して引き上げ、縫合した際に本来のもみあげの位置ではないところにもみあげがきてしまう場合があるからです。

耳の周辺の皮膚を切開して、そこからリフトアップを行うということで、切開の範囲が少ないミニリフトは、通常、傷跡が残るリスクは少ない施術です。

とは言え、医師の技量が今一つの場合、その施術によって傷が残ってしまうケースもあり得ます。傷があると、髪をかき上げたり、アップにした時に目だってしまいます。

傷を隠すヘアスタイルを常に心掛けることになりますし、美容整形でリフトアップ施術を受けたことが、周囲に知られることにもなります。

不自然さを補うためには、植毛を行う場合もあります。

傷跡はどんなに名医が行っても全くなくすということは不可能なため、白い傷跡がどうしても気になるという場合には、他の施術方法も視野に入れ、カウンセリングで相談することをおすすめします。

また、耳介が立って耳が大きく見えるという場合や、耳たぶがのびて見えるなどの耳の変形がおきる場合もあります。デメリットとメリットを良く知り、施術にのぞむことが大切です

ミニリフトで考えられるリスク ひきつれ

通常のフェイスリフトよりも傷跡が少ないことがメリットのミニリフトですが、リフトアップの際に均一に皮膚を引き上げなかったり、しっかりとコントロールされていないといったことから、皮膚がひきつれを起こしてしまうケースがあります。

このため表情が上手く作れなくなったり、不自然な印象になることで、美容整形を受けたということが周囲に判ってしまいます。そうならないためには、優れた技量を持つ名医の施術を受けることが大事です。

ミニリフトで考えられるリスク 効果が無い

シワやたるみの解消を目的とするミニリフトは、皮膚を切開する範囲が少なくて済むことから、身体への負担が少ないと言われています。

その反面、大きく皮膚を切開しない施術ということで、たるんだ皮膚を除去する量も少なくなります。

やや限定的な施術ということで、効果が無いというリスクが浮上してきます。せっかく施術を受けたにもかかわらず、肝心のリフトアップ効果が無いという残念な結果になってしまいます。

切開の範囲が少ないからこそ、名医の施術で良い結果を

後悔しないために。ひきつれしてしまうデメリットを事前に回避!ミニリフトで新たな自分になるには?

切開の範囲が少ないフェイスリフトということで、一見ハードルが低そうに思える術式だからこそ、豊富な知識と経験を持つ、技術が優れている医師の施術を受けることが重要となります。

ひきつれや傷が発生しないことが大事なのはもちろん、希望していた通りの効果を得られてこそ、施術を受けた甲斐があるというものです。当相談所では、名医の美容外科をご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡なさってください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。