ミニリフトのダウンタイム期間にしてはいけないこと

年齢と共に、肌は張りと潤いを失ってしまうため、重力に負けて皮膚がたるみ始めてしまいます。たるみはその様に、老化現象の1種であるので、若く綺麗に見られたいと考える女性にとって、出来てしまうとショックなモノです。ですが美容外科クリニックに行き、整形手術を受ける事でたるみを解消する事が出来ます。顔のたるみを解消する効果的な整形手術と言えば、フェイスリフトですが、通常のフェイスリフト手術では、術後にある程度の長いダウンタイムがあり、痛みに加えて、内出血により目立つ形で腫れが生じたりするものです。ですが気になるたるみが、口元や頬という限定した個所であるのなら、ミニリフトの手術を受ける事で、術後に目立つ形の症状を避ける事が出来ます。ミニリフトは、顔を全体的に引き上げるフェイスリフトの効果を、口元と頬に限定して得られるという手術です。得られる効果が限定される分、ダウンタイムも短期間で済むので気軽に受ける事が出来ます。

ミニリフトのダウンタイム

顔全体のフェイスリフトに比べれば、手軽な手術

ミニリフトは傷口が小さく目立たないため、ある程度髪の長い女性であれば、傷口を隠す事が可能です。しかもダウンタイム中に生じる痛みや、内出血によって生じる腫れも少なくて済むケースが多いので、受ける際に甘く見てしまう人も少なくありません。その結果、何処の美容外科クリニックで手術を受けても一緒だと、手術費用が安いといういい加減な理由で、クリニック選びをしてしまうケースが珍しくないです。確かに顔全体のフェイスリフトに比べれば、手軽な手術ですが、技術力がない美容外科クリニックで手術を受けると、失敗して効果が得られないばかりか、大きな傷口が残る等の危険があるので、注意する必要があります。更にミニリフトは、傷口が小さく比較的腫れや痛みも少ないので、ダウンタイム中にも関わらず、うっかり患部に衝撃を与えたり、患部を汚い手で触ったりしない様にすべきです。特に手術当日は、外部からの影響を受け易いので、傷口を濡らしたり、メイクを行う等の行為は絶対に行わない様にする必要があります。この様な注意点を怠ると腫れが酷くなったり、ミニリフトの効果がきちんと得られなくなる恐れがあるので、注意すべきです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。