目の下のくまの美容整形のダウンタイム、どのくらい続く?

目の下のくまの美容整形のダウンタイムですが、脂肪の除去でのクマ治療であれば、まずは抜糸までの1週間が山場です。そこから1ヶ月間くらいかけて、ゆっくりと違和感が少なくなっていきます。落ち着くのは、だいたい3ヶ月程はかかります。目の下のくまの美容整形で脂肪除去をすると気には、病院で痛み止めをくれるので、痛みは抑えることができます。内出血は出る人と、出ない人がいますが、お化粧をするのでカバーは可能です。目元の腫れは2日から3日ほどですが、会社に行けないほどではありません。ただクマの原因が脂肪だったら、脂肪の除去はいい方法ですが、抜糸をしたあとに目から涙と一緒に、出血をすることがあるので、かなり驚くことになります。数日のあいだ、涙と一緒に血が目から滲むことがありますので、人と接する時には注意をする必要があります。目元は擦らないようにして、完治をするまではアイメイクは控えることです。まつげエクステやつけまつげも、治るまではお休みをしましょう。

目の下のくまの美容整形のダウンタイム、どのくらい続く?

ダウンタイムで知っておきたいこと

目の下のくまの美容整形のダウンタイムですが、これはどんな状態のかにもよります。茶ぐまの場合でしたら、メラニンの色素沈着が起きてしまい、皮膚に茶色く色がついている状態です。目の下のくまの美容整形としては、レーザーでの治療が適しています。痛みは軽く一瞬であり内出血や腫れはありません。レーザー治療をすると照射部位は、数日をかけて黒いかさぶたになりますので、ダウンタイムは約1週間ほどです。そのあいだは皮膚はデリケートになりますので、医療用の肌色テープで保護をします。医療機関によっては、専用コンシーラーを用意していることもあるので、患部を保護します。その上から、いつもどおりのメイクをすることができます。治療方法としては、1回から2回程の回数になりますが、場合によっては複数回を必要とするケースもあります。レーザー治療だけでの治療で進めるのではなく、専用の軟膏治療と、交互にして治療をすることもあります。こうした治療をすることで、治療をする機関としては、6ヶ月間から長くなると、1年以上ほどかかることも出てきます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。