ゴルゴラインのたるみの美容整形のデメリットが知りたい

一気に老けて見える原因となっている目の下の線を美容整形でとることをゴルゴラインのたるみの美容整形と呼びますが、まずメスを使わずに気軽にやりやすい、ヒアルロン酸注入のデメリットについて説明します。切開をせずにすむので人からバレにくく痛みもなく施術時間もとても短いこの方法ですが、一つ目の注意点としてヒアルロン酸の質は値段に比例するという事です。個人差はありまずが自分に合うものですと1年程度その効果がありますが特に安いものですと1か月程度で効果が減っていくものもあります。そうすると何度も注射することになるのですが、ゴルゴラインのたるみをヒアルロン酸だけで解消するにはかなりの量を使用します。そうすると本来ないものですから笑ったり皮膚を動かした時に不自然に盛り上がってしまうのです。無表情なら違和感はありませんが、ゴルゴラインのたるみの美容整形の場合は頬に不自然さがどうしても出てしまうので美容整形感をぬぐえなくなるというデメリットがあるのです。
ゴルゴラインのたるみの美容整形のデメリットが知りたい

手術のデメリットはある?

ゴルゴラインのたるみの美容整形はリフトアップ方法というものもあります。この選択肢に糸と針によるスレッドリスト法というものがりますが、切開はしませんのでリスクは低いですが効果がわかりづらい、持続性がないというデメリットがあります。そして切開法は確実に効果がでますし持続性も高いのですがメスを使うのでどうしても傷跡が残るリスクと戦わなくてはなりません。機械で高周波を皮膚に照射したり超音波などの治療もありますが、高価なものが多く、継続しないと効果がでずらい方法なので金銭面でのデメリットがあります。また、肌質の改善ははやくてもたるみなどの面に関してはゆるやかな効果であることに加え、効果を実感できる期間も比較的短いため頻繁に行わなければならないので理想的と言うには程遠いものとなっているのです。このようにゴルゴラインのたるみの美容整形技術の選択肢は様々ですが効果や値段も様々です。メリットとデメリットを考えて選択する必要があるのです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。