経結膜的眼窩脂肪移動術はリスクを知らずに受けるべきじゃない

目の下のクマには幾つかの原因が考えられます。色素沈着による茶クマは外用薬やレーザーによって解消できますが、目の周りの凹凸が陰になって見える黒クマは、手術で治療するのが確実です。その方法のひとつに経結膜的眼窩脂肪移動術があります。これは目の下の膨らんだ部分にある脂肪組織を、生きたまま窪んだ部分に移動させる手術です。勘違いしやすいところですが、単に脂肪を取り除くだけではありませんし、取った脂肪を後から注入する手術とも異なります。血液が通ったまま移動させることで、ほぼ完全に定着させることができ、膨らませすぎたり窪ませすぎたりしにくいのが長所です。ただし、それだけ手術は複雑になるため、リスクも高くなると考えたほうが良いでしょう。個々の美容外科では医師が独自にテクニックを磨いていますが、技術のレベルには差があって、仕上がり具合にも違いが出ます。経結膜的眼窩脂肪移動術を受けるなら、経験豊富な名医を選ぶことが大切です。

経結膜的眼窩脂肪移動術のリスク

膚を切開する必要がなく傷跡が残らない

経結膜的眼窩脂肪移動術は顔面骨折などの治療方法を応用したもので、瞼の裏側に小さな穴を開け、そこから治療器具を挿入して操作を行ないます。そのため皮膚を切開する必要がなく、傷跡が残らないというメリットもあります。もちろん細かい神経や血管を傷つけないように、細心の注意を払いながら手術しなければなりません。たとえ無傷で手術を終えても、クマが取れるかどうかは別問題です。下手な位置に移動すると、かえってクマが目立ってしまうこともあります。このあたりは医師の経験と勘が物を言います。
また経結膜的眼窩脂肪移動術も手術である以上、感染症や腫れ・出血のリスクは必ず伴います。手術した部分に緊張やシコリを感じたり、左右対称にならなかったりする場合もあります。そして失敗すると元に戻せない点も大きなリスクです。医師の技術レベルは広告だけでは見極めるのが難しいという問題があります。そういったときには相談所をお気軽にご利用ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。