経結膜的眼窩脂肪移動術の効果、その特徴とは

経結膜的眼窩脂肪移動術は目の下にある眼窩脂肪のふくらみを移動させる手術です。脂肪をふくらみの下のくぼんだ部分に移動させることによって、目の下を平坦な状態にするのです。これによって目の下に影ができないようにする効果があります。これまで目の下にクマがあった人が受けることが多く、ほとんどの場合はクマが綺麗に解消されます。
手術は基本的には下まぶたの裏側から行うので、傷が分からないというメリットがあります。結膜側にメスを入れることになるので、術後はしばらくの間、腫れてしまいます。そのため、ある程度のダウンタイムを見積もっておいた方が良いですが、肌には一切に傷は残りません。数日が経過し腫れが治まりさえすれば、経結膜的眼窩脂肪移動術の手術を受けたとバレることはないと考えて良いでしょう。
また乳房などへの脂肪注入では脂肪の定着率が低いことがありますが、経結膜的眼窩脂肪移動術で移動させた脂肪はほとんど残ります。

経結膜的眼窩脂肪移動術の効果

高齢者であっても若者が受ける場合と同じような効果

クマの原因を目の下のふくらみだと考えている人が多いですが、単純に脂肪を除去させるだけでは高い効果は得られません。その下にあるくぼみが広がる結果になってしまうことが多いからです。そうなると以前よりクマが酷くなってしまう可能性もあります。経結膜的眼窩脂肪移動術を行えば、そのような心配は不要です。
また経結膜的眼窩脂肪移動術は高齢者には効果が薄いと考えている人もいますが、そのようなことはありません。皮膚がたるんでいると脂肪を移動させても上手くいかないというイメージが勘違いの原因です。実際にはまぶたの下のたるみというのは、年齢を重ねてもそれほど大きくなりません。そのため高齢者であっても若者が受ける場合と同じような効果を得られるケースが多いのです。しかし若者より、肌のハリが無くなり柔らかくなっていることは事実です。そういう意味では、裏側から切開することで肌に負担を与えないこの術法は高齢者に向いているといえるでしょう。
ただし手術は複雑なので実績が豊富な名医に依頼することが大切です。当相談所であれば、ご要望に合った医師をご紹介できます。

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。