経結膜的眼窩脂肪移動術のアフターケアで押さえておきたいポイント

経結膜的眼窩脂肪移動術(トラコンハムラ法)は、目の下にできたたるみの解消を行うための手法の一つです。目の下のたるみに対する施術は、基本的には外科手術を伴うものとなるため、施術を受けた後は傷ができます。結膜側を切開して眼窩脂肪を移動させるという比較的新しい手法である経結膜的眼窩脂肪移動術は、他のたるみの解消法と比較して傷跡が目立ちにくいのが特徴ですが、成功させるには医師に高い技術が必要となっており、この手法に対して豊富な経験と高い技術を持つ医師に施術を依頼しないと、施術前よりたるみが悪化するおそれがあります。
また、手術の跡があまり残らないこともあり、ダウンタイムも従来の目の下のたるみの治療の場合より短期間で済みますが、アフターケアを怠ると手術を行った部分の腫れがおさまらなくなったり、内出血がおこってしまうことがあります。特に、不特定多数の人の前に出る仕事が多い職業に就いている人は、皮膚の腫れや内出血によって仕事に支障をきたさないように、念入りにアフターケアを行う必要があるでしょう。

経結膜的眼窩脂肪移動術のアフターケア

アフターケアのポイント

経結膜的眼窩脂肪移動術のアフターケアは、施術を受けた美容外科からの指導を守って行えば、1週間程度で顔の状態がほぼ元通りになって施術前と同様の生活に戻ることができます。
経結膜的眼窩脂肪移動術のアフターケアのポイントは、目の下の皮膚に刺激を与えないようにすることです。まず、施術直後は熱による刺激を避ける必要があります。美容外科では、止血や縫合などが終わった後に1時間ほど目元を冷却する処置を行いますが、その後は麻酔の効果が切れて赤みや痛みが出るようになります。もし、赤みや痛みが酷いようであれば、保冷剤や手ぬぐいなどをつかって目の下を長時間冷やすと、症状の緩和をはやめられます。施術当日に美容外科から鎮痛剤が処方された場合は、必ず使い切りましょう。
また、施術後から再通院で医師に経過が良好だと判断されるまでの期間は、むやみに目の下をこすったり、洗顔料などを使用して力を入れて顔を洗うなど、皮膚にダメージを与えるような行動は避けるようにすることが重要なポイントです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。