頚部リフトのアフターケアは大事なの?

ある程度の年齢になると、皮膚がどんどん垂れ下がってたるみとなってしまいます。しかも首元にたるみが出来てしまうと、顔の輪郭まで変わってしまい、ブルドッグの様な顔付きになってしまう事もあるのです。そうなると女性が美しく見られるのは困難になってしまうので、何とかたるみをなくしたいと考えます。ですが自力でたるみを解消するのは、困難であるので、美容外科クリニックに行き、フェイスリフトの施術を受ける事がおすすめです。頚部リフトであれば、首回りのたるみをすっきりと解消する事が出来るので、変わってしまった顔の輪郭を元に戻す事が期待出来ます。ただし頚部リフトは整形手術の1つであるため、失敗してしまうリスクも存在しているので、手術を受ける際のクリニック選びは、ある程度慎重に行うべきです。同時に手術に成功しても、油断し過ぎてアフターケアを怠ってしまうと、上手く効果が出なかったりするので、その点にも十分注意する必要があります。

頚部リフトのアフターケア

アフターケアにも十分に注意

頚部リフトで頚部のたるみを解消すると言っても、皮膚だけで引っ張り上げる方法や糸を用いる方法等、様々な方法が存在しています。なのでたるみの状態に対し、適切とも言える手術方法を選択してくれる腕の良い医師を選ぶ事が、この手術を成功させるコツです。逆に技術力のない医師だと、たるみ解消効果がきちんと得られないだけでなく、傷跡が大きく残ったり、顔が歪んだ状態になる等、目立つ形でリスクが生じる可能性が高まるので注意する必要があります。更に頚部リフトでは、アフターケアにも十分に注意しなければなりません。そのアフターケアの基本としては、手術後は痛みや腫れが生じるので、出来るだけ患部を刺激しない様に注意する事です。その上で、痛みや腫れが強い場合には、患部をアイスパックで冷やす等して、十分に気遣う必要があります。逆にアフターケアをきちんと行わないと、より酷い腫れが生じてしまい、手術に成功してもきちんと効果が得られなかったりするので注意すべきです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。