糸のフェイスリフトのリスクを知らないのは”ヤバイ”?

糸のフェイスリフトは、たるみや皮膚のしわにも効果がありますが、リスクもあります。糸のフェイスリフトのリスクとして最も考えられるのが、不自然に引きつった顔に仕上がることです。顔のたるみの治療として思い切って治療をしてみても、不自然な引きつり方では、周囲からも違和感を感じられるようになります。糸を引きつる方法ではありますが、その糸を無理に引き上げすぎてしまうとこから、突っ張り感が不自然に出てしまいますので、人間のナチュラルな表情は失われてしまいます。しわを伸ばすために引っ張るにしても、方向を横の方へ無理やり引っ張ってしまうと、今度はしわよりも問題になるのが、顔のサイズがワイドに見えてしまうということです。施術方法と治療糸との、余りにもアンバランスな関係で起こることではありますが、見た目の若々しさ以前に、とてもいびつな顔をつくりあげてしまいます。医療用の糸には、リフト力と糸自体の強度もありますので、その見極めは必要です。

糸のフェイスリフトのリスク

リスクを理解した上で決める

糸のフェイスリフトのリスクとして知って置いたほうが良いこととして、仕上がりがデコボコになるケースも考えられます。糸のフェイスリフトは切らないから安全と思うかもしれませんが、糸を入れるのは薄い表皮でもありますので、内部でアンバランスになってしまうと、異様な膨らみをしたり、肌の表面が凹んでしまったり、見た目の不自然さが目立ってしまいます。糸は治療時のは表皮とキチンと平行に挿入されていたとしても、そのうちに位置が乱れてしまうと、それが皮膚の表面に目立つように膨らみとなることがあります。糸には種類がりますが、その中でも突発がサイズ的に大きいと、その糸の乱れは肌の上から見ても目立ちやすくなってしまいます。糸だからと安心ができないのは、糸の種類によっては、内部への挿入でアレルギーを起こしてしまうことさえあることです。メスを使わない若返りと言われてはいますが、異物を体内へ入れることには代わりがありませんので、リスクを理解した上で決めることです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。