知っておきたい、糸のフェイスリフトのアフターケアで気をつけるべきポイントとは

糸のフェイスリフトは、メスで皮膚などを切らずに治療を行うことができるため、治療後のケアを最小限にすることができます。針跡や小さな傷のみがつく治療であるため、ダウンタイムが非常に短く、ひどい腫れが出にくいため、日常生活にあまり差し支えなく治療をすることができます。糸のフェイスリフトを行うことで、若干腫れが生じた場合のアフターケアは、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やしたり、鎮痛剤を飲むことなどによってケアをすることができるため、簡単にケアをすることができます。洗顔や化粧をすることは、手術をした次の日から行うことが可能であり、シャンプーや入浴をすることは、手術の翌々日からすることが可能になっています。顔のマッサージをすることや、飲酒をすることは、手術後のしばらくの期間控える必要がありますが、それ以外はほとんど日常生活と同じような生活を送ることが可能であり、ほとんどアフターケアをする必要がないため、人気がある手術になっています。

糸のフェイスリフトのアフターケア

2~3か月はなるべく顔や肌を動かさないようにすることが重要

糸のフェイスリフトのアフターケアとして重要なことは、手術直後は出来るだけ顔や肌を動かさずに、糸を固定させることに努めることです。糸が肌の中に定着するまでにかかる時間は、個人差はありますが、2~3か月ほどであるとされていて、手術をしてから2~3か月はなるべく顔や肌を動かさないようにすることが重要になります。3か月の時間が経過すると、糸の周りに、肌を守ろうとすることによって生成されたコラーゲンが多数形成され、肌と糸がしっかりと固定されるような状態になるため、長期的なリフトアップに非常に効果的です。また、コラーゲンが生成したことによって、肌にハリと潤いができ、アンチエイジングにも非常に効果的です。糸のフェイスリフトの手術に使われる糸の開発も進んでいて、顔や肌をあまり動かすことが望まれない期間が大幅に短くなったものも登場しているため、アフターケアを楽にするために、治療を行うクリニックを吟味することが重要になっています。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。