ゴルゴラインのたるみの美容整形の修正で確認すべきポイントは?

頬から目の下にかけて線が入る通称・ゴルゴラインですが、これは漫画のゴルゴ13の主人公のように見える事からこのように呼ばれています。このゴルゴラインはエステやエクササイズでは中々効果が出ないので美容クリニックにおいてゴルゴラインのたるみの美容整形を受ける方が増えています。しかし中には古いタイプのマシンを使った施術で効果が出にくい場合や糸を使用したリフトアップでの左右差、メスを使用したフェイスリフトでの後戻り、ヒアルロン酸注入においての凸凹などゴルゴラインのたるみの美容整形を受けた後に稀に修正が必要となる場合もあります。最近ではこういった修正を専門に扱うクリニックも増えており、また施術後の保障がしっかりしているクリニックもありますのでこれから施術を受けようと思っている方はカウンセリング時にアフターケアについての説明もしっかりと受ける事をお勧めします。特に糸を使用した施術やメスを使用した手術は高度な技術を必要とするので実績あるクリニックを受診することも大事です。
ゴルゴラインのたるみの美容整形の修正で確認すべきポイントは?

施術後に修正できる?

ゴルゴラインのたるみの美容整形の種類は従来のメスを使用してフェイスリフトを行う手術のほか、糸を挿入し皮膚を引き上げる方法、そしてヒアルロン酸や脂肪注入、自分の血液から採取した成分を注入する皮膚再生療法など多彩で、他にもレーザーを照射しエステ感覚で受ける事が出来る施術方法もあります。一般的にはゴルゴラインのたるみの美容整形に関してはメスを使用する施術以外は痛みやダウンタイムも少なく比較的気軽に受ける事が出来失敗することも少ないのですが、中には施術後に修正が必要となる場合もあります。例えば、糸を挿入した場合左右差が出てしまう事やヒアルロン酸を注入したけれど滑らかさにかけ凸凹になってしまう事、またどの施術においてもひきつりが起こる事もあります。こういった場合修正を専門に行っているクリニックもありますし、クリニックによっては施術後の保障がある場合もありますので受診時のカウンセリングの際に修正について質問されると良いでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。