目の下のくまの美容整形のアフターケアで気をつけること

目の下のくまには大きく分けてたるみによる影くま、血管が透けて見える紫くま、色素沈着による茶くまがあり、それらの混合症状もあるので、原因を突き止めてそれぞれの症状に合った治療を行います。目の下のくまの美容整形には切る方法と切らない方法があり、術後の経過やアフターケアの方法も大きく異なります。顔は皮膚が薄く目立ちやすいので、仕上がりを良くするためには術後の過ごし方が重要なポイントです。相談しやすくサポートの手厚いクリニックを選ぶことも大切ですが、目の下のくまの美容整形を行ったあとのアフターケアで自分できることや気を付けておきたい点について説明します。
まず美容整形全般に言えることですが、ダウンタイムには個人差があるということです。体質やその時の体調、年齢で大きく差が出ます。同じ人が同じ施術を受けてもいつも同じ結果とは限りませんので、気になることがあったら速やかに医師に相談しましょう。ストレスを避け、激しい運動、タバコや飲酒はやめましょう。
目の下のくまの美容整形のアフターケアで気をつけること

重要なアフターケアのこと

切らない目の下のくまの美容整形には、脱脂術と脂肪注入、ヒアルロン酸等の注入、レーザー治療があり、経過についてはほとんど気にする必要はありません。まれに注射による内出血がありますが、1週間程度で改善しますし、メイクで隠せば大丈夫です。施術直後に出血がなくても、血流が良くなると後で内出血が起こることがありますので、なるべく静かに過ごすようにしましょう。
重度のたるみは切開しますのでダウンタイムが長くなり、アフターケアが重要な意味を持ちます。腫れや内出血が出ますが、通常2週間程度で収まります。目の下のくまの美容整形を行った後はコンタクトレンズの装着は控え、顔マッサージもしてはいけません。術後1週間腫れが気になるなら冷やすと効果的ですが、この期間を過ぎると冷やし過ぎは血行不良を起こし逆効果です。なお積極的に温める必要はありません。メイクや洗顔の際に顔を強く擦ったり、衝撃を与えないように注意しましょう。
術後1か月を過ぎたら大体元の生活に戻れますが、見た目にはわからなくても、傷が完全に治まるまでは通常半年が目安です。違和感があるうちは無理をしないようにしましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。