知ってますか?ゴルゴラインのたるみの美容整形のダウンタイム

ゴルゴラインのたるみの美容整形は、ゴルゴラインに効果的です。ゴルゴラインとは、ミッドチークラインとも呼ばれるラインで、目の下から頬の中央を横切るようにしてできたしわのことです。ゴルゴラインが厄介なのは、皮膚に刻まれてできたしわではなく、頬の皮膚や筋肉がたるんで脂肪が下垂することによって溝が目立っていると言う点です。そのためしわ消しクリームや保湿では消えず、根本的な解決法としては下垂した脂肪を持ち上げる方法しかありません。そのための手段としてあるのがゴルゴラインのたるみの美容整形です。主な方法としてはヒアルロン酸を注入したり、特殊な糸を使用して皮膚を引き上げたり、また切開をして直接、筋肉や皮膚を持ち上げる方法があります。ゴルゴラインの状態に合わせて施術を選びますが、それぞれメリット、デメリットがあり、またダウンタイムにも違いがあります。ダウンタイムの中で出やすい症状としては、痛みや内出血、腫れが挙げられます。
知ってますか?ゴルゴラインのたるみの美容整形のダウンタイム

ダウンタイムは発生する?

ゴルゴラインのたるみの美容整形のダウンタイムは、まず切開を伴う施術は、やはり長くなりがちです。また痛みや内出血、腫れに関しても切開する方法は出やすい症状です。これらの症状は時間が経過すると共に軽減していきます。しかしもし、時間が経過しても軽減されない場合や、施術を受けた直後から我慢できないほどの強い症状を感じる場合には、施術を受けていた中で何かしらのトラブルが発生していることも考えられるので、早めにクリニックに相談する必要があります。切開を伴わないゴルゴラインのたるみの美容整形に関しては、比較的ダウンタイムも短く、またそれぞれの症状も軽いことが多いです。特に特殊な糸を利用した方法は、糸が溶けるとコラーゲン繊維となって頬の弾力を維持する役目を果たすと言うこともあり、効果が持続しやすいのが特徴です。ただしこれらの方法でも、まったくダウンタイムがない、痛みや内出血などが発生しないと言うわけではありません。どの方法を選択するにしても、少なからずそれらは発生すると言うことを頭に入れておく必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。