フェザーリフトのアフターケアで気をつけるポイントは?

フェザーリフトは、皮膚を切らずに、表皮の内側にギザギザの特殊な糸を通すことによって頬全体を引き上げて、たるみを解消する治療法です。フェザーリフトの手術では、メスで皮膚を切開しないため、ダウンタイムが非常に短く、アフターケアがしやすくなっています。手術の直後には、手術によって傷や頭の中に腫れている部分ができてしまうため、なるべく触らないようにする必要があります。傷口から麻酔液が生じる場合もありますが、異常なことではないため、就寝時に枕にバスタオルなどを敷くなどの対策をとるだけで大丈夫です。手術をした当日には、硬いものは食べないで、柔らかいものを食べる必要があります。傷口などには、保護テープなどを貼っているため、シャワーを当日に浴びることが可能ですが、顔に当たらないように注意しながら浴びる必要があり、長めにお湯を浴びることを避ける必要があります。体を温めることも避ける必要があり、手術直後の管理を、特に気を付ける必要があります。

フェザーリフトのアフターケア

1週間以内のアフターケアとして重要なこと

フェザーリフトの手術を受けた後の1週間以内のアフターケアとして重要なことは、飲酒や喫煙をしないことです。また、食事は、噛むことによって、痛みが生じることが多くなっているため、最初は柔らかいものを選んで食べて、徐々に固いものにしていく必要があります。手術から3日がたつと、洗髪をすることが可能になり、全身のほとんどの場所のケアをすることが可能になります。フェザーリフトの手術をしてから3週間後には、糸を体に入れたことによる痛みが引けていくため、痛みが引いたと感じた場合には、顔のマッサージをすることが可能になります。手術から1か月がたつと、髪の毛にパーマをあてたり、髪を染めることも可能になり、手術のことしたことをあまり気にしないで生活することが可能になります。その後は、定期的な検診などを受けて、医師にしっかりと診断してもらうことが重要であり、手術での出来をしっかりと確認することが重要になっています。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。