フェザーリフトのリスクを知った上で受けましょう

フェザーリフトとはリフトアップ効果のある整形方法の一つです。フェザーと言う名の通り羽毛のようなギザギザの糸をメスを使わずに皮膚に入れることにより、たるんだ組織を引っ掛けて上に持ち上げる効果があります。使用する糸も心臓外科の手術に使われる糸と同様のポリプロピレン製で安全性の高い糸です。糸の両側から組織を引っ張り上げるような構造になっているため、リフトアップ効果は高く、軽度のたるみならこの施術で解消することができます。そしてこのリフトアップ効果は個人差はありますが5年程続きます。メスを使わないため施術時間も短く、傷口も小さいので施術による腫れや内出血もひどくはありません。ダウンタイムも他の整形方法より割と短めのため、整形が初めての方でも受けやすい施術になっています。しかし、どんな整形方法にも成功があれば失敗やリスクもあります。もちろんこのフェザーリフトも一見、簡単でメリットが大きい施術のように感じますが、受ける上でリスクが全くないわけではありません。

フェザーリフトのリスク

思った通りの効果が出ない可能性

ではフェザーリフトにはどのようなリスクがあるのかと言うと、糸の入れ方次第で効果の出方が変わってきます。そのため医師の技術力が高く、事前のカウンセリングをきちんと受けておけば施術は成功しますが、技術力の低い医師に施術を受けた場合や医師とのカウンセリングが不十分だった場合、思った通りの効果が出ない可能性があります。そのため、フェザーリフトを受ける際には事前のカウンセリングをきちんと受け、医師にどのような効果を期待するのかをはっきりと伝えておく必要があります。また、ここで重要なのが医師の技術力です。カウンセリングをしていても、糸の入れ方次第では施術後に引きつり感が出る可能性もあります。また、技術力の低い医師の場合、施術を受けてもたるみ改善やリフトアップ効果が出ない可能性もあります。そのため、事前にきちんと調べた上で信頼できる医師を探す必要があります。フェザーリフトにおいて経験豊富なベテラン医師に施術を受けることをおすすめします。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。