ディメンショナルリフトのダウンタイム期間は何日くらい?

ディメンショナルリフトとは、従来のリストアップとは違います。糸の強さがかわりました。糸が太く、ハネの返りが強いところが従来のフェイスリフトより優れているところです。髪の毛を切開し施術を行いますので、傷跡と目立ちにくいところが特徴でもあります。フェイスリフトの中でもディメンショナルリフトは非常にたるみ引き上げ効果が高いのでとても満足のいく術方法です。デメリットやダウンタイムが少ない施術として人気です。この方法は肌を切ることなく特殊な糸を埋め込むことで、たるんだ肌を引き締めてくれます。通常、糸を皮膚の下に通し、脂肪組織に糸を通し突起を引き上げるようにしてたるみを引き上げる方法をスレッドリフトといいます。ディメンショナルリフトはスレッドリフトの手軽さはそのままで、フェイスリフトと同等の効果が得られる施術として人気があります。ダウンタイムや痛み内出血、腫れなどもありますので、しっかり理解してから行いましょう。

ディメンショナルリフトのダウンタイム

ダウンタイム期間に痛みがある方は?

施術直後は激しい運動、長い入浴、飲酒などを避けて下さい。洗顔や入浴は翌日より可能です。施術後、痛み、むくみ、腫れ、内出血が起こることがあります。1週間から2週間程続くこともあります。少しずつ落ち着いてきます。その間は、つっぱり感や頭皮の盛り上がり、挿入部分の窪みなどがあります。頭が重い感じや色素沈着などがありますが、それらの症状も次第に解消されていきます。ダウンタイム期間に痛みがある方は、アイスパックや冷えたタオルなどで冷やすことで少しおさまることもあります。ディメンショナルリフトは肌を切ることなく特殊な糸を埋め込むことでたるんだ肌を引き締めてくれるものです。比較的手軽な方法ですが、アフターケアを怠ると腫れや痛みなどが長引いてしまうので気をつけて生活しましょう。ディメンショナルリフトを受けるにあたり、アフターケアが万全なクリニックを選びましょう。腫れなどか発生した場合にしっかり対応してくれます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。