ディメンショナルリフトのアフターケアの必要性とは

ディメンショナルリフトは皮膚の下に溶けない糸を通して細胞や筋肉の組織を引っ張り上げてリフトアップを実現するスレッドリフトの一種で、従来の施術に使われていた糸を強化して引っかけ部分を増やすことにより、高度な持続力と引き上げ力を持たせてより効果的にたるみを解消することができる施術法です。切開が必要ない手術なので麻酔をして30分程度で施術が終わり、ダウンタイムも短いのですぐに日常生活に復帰できるメリットがあります。ディメンショナルリフトのアフターケアはそれほど必要なくて、当日から洗顔や軽い入浴などを行うことができて、目立った腫れや皮膚の異常がなければ1~2週間で完全に通常の生活に戻ることができます。皮膚を切らないので施術のあとが目立ったり傷跡が残ることもなく、施術範囲も狭いので周囲に気付かれる心配もなく自然にたるみのない若々しいフェイスラインを実現できて、持続力が高いので長期にわたって効果を維持することができます。

ディメンショナルリフトのアフターケア

専門家に相談してアフターケアを受けることが必要

ディメンショナルリフトは通常のスレッドリフトよりもたくさんの糸を通すことで強力で確実なリフトアップ効果を得ることができます。狭い範囲にたくさん糸が入るので、最初のうちはつっぱり感があったり糸を通した入口の部分がくぼんだり、軽い頭痛や頭皮の盛り上がり、皮下出血などが見られることもあります。気になる症状が出たらすぐに施術を受けたクリニックで専門家に相談してアフターケアを受けることが必要です。ごく稀に糸が切れてしまったり皮膚から露出するなどのトラブルもあるので、異常を感じたら早めに診察を受けましょう。ディメンショナルリフトは施術による体への負担が少ないのに大きな効果を得られる画期的なリフトアップ法で、口元のたるみだけでなく顔全体のライン調整や首筋のたるみなどにも応用することができます。立体的で自然なラインを実現できて、従来のリフトアップ法よりも効果が長持ちするので確実にたるみを解消したい人におすすめです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。