1dayリフトの効果・メリットを経過ブログ5人から考察してみた

「1dayリフト」とは、その名の通り1日で出来るフェイスリフトアップの美容整形術です。

通常のリフトアップの美容整形術では皮膚を切開して縫合することで、皮膚を引っ張りあげるというもので抜糸が必要でしたが、1dayリフトでは身体に吸収される糸を用いて、皮膚を引っ張りあげる方法であり、抜糸が不要です。また入院も通院の必要もなく日帰りで受けることが可能です。

施術時間は約30分で、行うことができ効果もすぐに見ることができます。切開を伴わないので大きな傷が残らないのもメリットといえます。

一方でダウンタイムに関しては1週間から2週間程度で、その間に腫れや痛みが生ずつるケースがあります。なお、入浴は翌日から可能ですし、メイクも当日から行うことができます。

ただし切らない美容整形術であり、また日帰りで施術を受けることができるためプチ整形のひとつとされますが、1dayリフトの料金相場としては60万円程度必要であり、プチ整形としては高額になります。

こちらのページでは1dayリフトのメリットについてご紹介致します。

1dayリフトの効果

1dayリフトのメリットや効果とは

1dayリフトとはエンジェルリフトとプリンセスリフトを一つにしたフェイスリフトのことです。ミニフェイスリフトと同じく、小さく切開をしてから皮膚を引き上げる手法を用います。技術的にも比較的簡単な手術なので、気軽に受けることが可能です。

当然ながら大きい切開をすることはないので、手術後に傷跡が残ることはありません。ただ、皮膚を上へ引っ張り上げるやり方なので、効果が持続するのは半年ほどと言われています。いわゆるプチ整形であり、患者の負担が少ない分、効果も小さなものとなります。

1dayリフトとは言うものの、ダウンタイムがないわけではありません。最低でも1週間は安静にする必要があります。それでも従来のリフトと比べれば、圧倒的に負担が軽くなっています。

手術を受けたくても負担の重さやダウンタイムの長さなどから躊躇していた方にとっては、この1dayリフトは敷居が低く、手術を受けるメリットの多い手法と言えます。

1dayリフトのメリット

1dayリフトぼ注意点

1dayリフトは安心して受けられる手術ではありますが、まれに引きつれを起こしてしまうリスクがあります。その多くは技術的に未熟なドクターを雇っている信頼性の低いクリニックで起こります。クリニックを選ぶ際には、経験が豊富なドクターがいるか確認しておくと安全です。

1dayリフトのメリットとしては、麻酔を選ぶことができる点です。局所麻酔の他に静脈麻酔などがあります。静脈麻酔の場合、費用は若干高くなってしまいますが、痛みがないだけでなく不安を取り除いた状態で手術を受けることができます。

また、簡単な手術とは言え、受ける前には納得できるまでドクターと話し合うことを推奨します。施術方針を理解した上で手術を受けた方が、後のトラブルを回避できるからです。

1dayリフトは簡単にたるみを引き上げることができる手術ですが、その分クリニックによって技術の差が出やすいです。もし不安がある場合は、当相談所へご相談ください。手術の実績が豊富な名医を多数ご紹介しております。

一条葵の様に法令線やたるみの解消された顔になるリフトアップ整形

若い頃は肌にハリや弾力があるのが当たり前で、自分が老化するなんて夢にも思わないものですが、あるときふと気が付くのが肌の老化です。

額や目じりにしわができたり、良く寝ても影のようなくまが消えない、というような自覚症状から始まり、あっという間にたるみや法令線に進行してしまった、という人も多いのではないでしょうか。

若い頃は多少のトラブルなら丁寧なスキンケアや充分な睡眠で改善できますが、年齢を重ねると、どんなケアをしても満足のいく状態まで回復することができなくなります。

化粧品やサプリメントなどのホームケアに限界を感じたら、美容外科での治療を検討してみるのも良いかもしれません。年齢肌を解消して若返れば、一条葵のような華やかな顔になることもできます。

一条葵のような逆三角形の小顔になるには、たるみを解消することが第一です。一気に10歳若返りたければ断然フェイスリフト手術がおすすめです。フェイスリフト手術は、本格的なものになると、皮膚だけでなく筋膜から引き上げるので劇的に若返ることができます。

ただし、メスで顔の周りを切開するので、体への負担が大きいというデメリットがあります。小さな負担でリフトアップしたいなら、糸のフェイスリフトが適しています。

糸のフェイスリフトは手術を行わずに、リフト用の糸を使用してたるみを引き上げる方法です。同じく切らない方法としてはレーザー治療も人気です。レーザーを照射することでコラーゲンやエラスチンの生成力を向上させる治療法です。

プチ整形と同様の手軽さが魅力です。
若返って一条葵のような小顔になるには、いろいろな整形方法がありますが、どれもドクターの技術力で出来栄えが変わってきます。失敗しないよう、確かな技術を持ったドクターに治療を担当してもらいましょう。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

上手い医師選び・名医の紹介はこちらから

1dayリフトのメリットとしては、麻酔を選ぶことができる点です。局所麻酔の他に静脈麻酔などがあり

1dayリフトのメリットとしては、糸を皮膚の下に挿入するだけなので傷跡が非常に小さいといったことがあります。施術自体も30分程度済ませることができますし、すぐにメイクをすることも可能です。

日帰りで手術を受けるものなので入院の必要もなく翌日から入植も可能です。
一方で1dayリフトの効果としては、半年から1年程度といわれています。これは糸が体内に吸収されるためです。ただし糸の周辺にはコラーゲン層が形成されるためアフターケアをしっかりすることで効果を長く持たせることも可能です。

一方で、1dayリフトに限らず美容整形術では医師の技量によって結果が大きく変化してきます。特に強く引張りすぎると不自然な形になってしまいますし、糸の引張りの具合が弱い場合には思ったような効果が出ない可能性があります。また日帰りで受けられるとはいえ、痛みや腫れがまったくないわけではなく、このため信頼できる医師や保証の整った美容クリニックを選ぶ必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。