1dayリフトのダウンタイム期間、ケア方法で差は出る?

肌のハリが最近無くなった、顔のたるみの所為で実年齢より老けて見えるなど、女性の美に対する悩みは尽きないものです。
ちまたには様々なアンチエイジングケア用品やサプリメントが出回っていますが、今ひとつ効果を実感出来ないと言う方にお勧めなのが、切らない美容施術法「1dayリフト」です。皮膚組織に馴染み吸収される特殊な糸を皮膚深部に挿入することで、自然なリフトアップ効果が望めます。また、糸の刺激によって、人間本来が持つコラーゲンの増加を促す効果もあります。施術自体は、30分〜1時間程度で終了しますので、入院や施術後の通院も全く必要ありません。「1dayリフト」一般的な切るリフトアップに比べ、ダウンタイム期間が非常に短いのも特徴です。個人差はありますが、痛みに関しては2日程度、腫れ、内出血等は1−2週間で治まり、従来の施術に比べ格段に軽減されていると言えるでしょう。施術当日からメイクも可能ですし、シャワーも当日から可能となります。

1dayリフトのダウンタイム

ダウンタイムが短いことが特徴

「1dayリフト」はダウンタイムが短いことが特徴ですが、施術後の適切なケアによって、さらにダウンタイムを短縮することが出来ます。
痛みに関していえば、我慢出来ないほどの痛みは通常ありませんが、もし、強い痛みを感じる場合には、処方された鎮痛剤を服用することで軽減されます。
腫れや内出血に関しては、個人差がありますが、切るリフトアップに比べると大抵の方はお化粧でカバー出来る程度のものとなります。
また、施術後にアイスパックなどを利用して、局部を冷やすことで腫れや内出血の改善を促進することも可能です。
糸を挿入した部分は、テープで傷口を保護していますので、その周囲は2−3日は出来るだけ触れないように気をつけましょう。傷口周囲や、皮膚表面に凸凹感を感じることもありますが、時間の経過と共に、肌に馴染んで行きますので、
マッサージなど肌を刺激するような行為は一ヶ月は避けるべきです。メイク、洗顔とも、「1dayリフト」の施術当日から始められますが、糸が挿入されている部分は特に優しくこすらないように気をつけて下さい。
糸が皮膚組織に完全に吸収される一ヶ月程度は、普段より優しめのケアをするようにしましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。