ハムラ法のデメリット3つ知ってる?

ハムラ法は、目の下のたるみやシワに効果的な治療法です。

これは、下まぶたのまつげの生え際に沿って切開をして、目の下のたるみやシワの原因でもある眼窩脂肪を、目の下のくぼんでいる場所へと移動させ、余分な組織や皮膚を除去することで、たるみやシワを解消して目元をスッキリさせるという手術方法です。

同じ目元の手術でも、下眼瞼脱脂のように眼窩脂肪を切除する治療法では、脱脂によって逆にくぼみが目立ってしまうケースもありましたが、ハムラ法の場合は、脂肪をただ切除するのではなく、膨らみの下の影が出来ている部分へと移動させるので、下まぶたの凹凸を綺麗に平らな状態に出来るのです。

それによって、目元のクマやたるみが目立ってしまったせいで、実際の年齢よりも老けて見えたり疲れて見えていた人も、若々しいスッキリとした目元になれます。

このように、ハムラ法には様々なメリットが存在していますが、それだけでなく、デメリットもいくつか存在しています。それは一体どのようなことでしょうか。

ハムラ法のデメリット

表面に傷跡が残るというデメリット

ハムラ法は、下まぶたのまつげの生え際に沿って切開し、目の下の余分な眼窩脂肪をくぼんでいる部分へと移動させることで、目の下のたるみやシワを改善することが出来ますが、表皮からの切開や組織と皮膚の切除も伴うため、表面に傷跡が残るというデメリットが存在しています。

また、それは同時に、目の形や印象が変わってしまう恐れがあるというデメリットもあります。

もし、皮膚を切除しすぎてしまったら、下まぶたが下に引っ張られて、まるで「あかんべー」をしているような目元になってしまいますし、眼窩脂肪を移動しすぎると、ドライアイになって目がゴロゴロしてくる恐れがあります。

そして、涙袋や目元の立ち上がりが無くなって、のっぺりとしたメリハリの無い顔立ちになる恐れもあります。

このように、ハムラ法はたるみを取ってすっきりした目元にしてくれる反面、傷跡が残ったり、目の形や印象が変わる恐れがあるというデメリットも存在しているので、手術を受ける際は、手術経験の多い名医を選ぶ必要があります。

<美容整形リスク>クマが解消しないデメリットもあるハムラ法

くま・たるみが解消しないケースも知っておこう。

ハムラ法として一般的な内容は、目袋内にある眼窩脂肪を適切な量を取り除き黒クマが出来ている凹みに移動させる事です。ただし、若いころの様に目元のハリを再現したり、目元周辺のメリハリ感を出すには高い技術が必要となる美容整形法です。

そのため、再現性の高い技術による手術を依頼する事が重要になります。
期待していたクマやたるみの解消まで届かないケースもあるので、その点は考慮しておく必要があります。

傷跡が目立つか気にってしまう方にはこんな方法もあります

ハムラ法では、皮膚を切開する方法と切開をしない方法の2種類があります。皮膚を切開する方法では約2ヶ月から3ヶ月程度で傷跡は目立たなくなりますが、場合によっては近くで見ると傷跡が分かるケースもあります。

逆に傷跡を残したくない場合には裏ハムラ法を行いますが、この方法では目元の悩みが解消されない場合もあります。

手技によって大きく左右されるため、高い技術があるクリニックを選ぶようにしましょう。

生活に支障が起きる可能性がある外反とは

ハムラ法によって起こる可能性がある外反とは、下まぶたがひっくり返る状態を指します。これを予防するには筋肉のつり上げを行い、眼窩脂肪の取り過ぎに注意をする必要があります。

ただし、これらの注意点が必ずしも行われるわけではなく、脂肪の取り過ぎをしてしまったり、筋肉のつり上げを行わない事もあります。

デメリットとして挙げられる外反ですが、適切な知識と技術があるクリニックを選べばリスクは最小限に抑える事も可能です。

デメリットを理解した上で名医を探そう

目袋のたるみや黒クマなど目元の印象を変えるハムラ法ですが、目指す最終地点を明確に伝えて、どの程度改善されるか納得がいくまで聞くようにしましょう。

クマ・たるみが解消しないといった点や、生活に支障が起きてしまうトラブルが起きないようにするための予防策も自分で確認しておく事が重要です。

当相談所ではハムラ法を熟知し高い技術でデメリットを最小限にする名医を紹介する事ができます。是非、一度ご相談下さい。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。