腫れは?内出血は?ハムラ法のダウンタイム

ハムラ法は、たるみ治療に効果的な施術です。皮膚を切開して、目の下のたるみの原因でもある余分な脂肪を、目の下のくぼんでいる所へと移すことで、目の下をスマートな状態へと変えていくというものです。そのため、下まぶたのたるみやクマやシワなどが気になっている人にピッタリな施術となっています。下まつげのラインに沿って切開をし、眼窩脂肪を移動させてから、余分な皮膚や組織を切除します。脂肪を体外へと取り出す脱脂術だと、凸凹になってかえってクマが目立つこともありましたが、ハムラ法なら、くぼんだ所へと移動させるので、凸凹もなくなって綺麗だ滑らかな目元になります。ハムラ法は、脱脂術よりは身体への負担は少ないですが、切開を伴うので高度な外科手術が必要とされる施術でもあります。そのため、ダウンタイムをどう過ごすのかという点も重要になります。痛みや腫れや内出血などが発生した場合には、どのような対処をすべきなのでしょうか。

ハムラ法のダウンタイム

ダウンタイムはクマやたるみを治療する施術の中では長い

ハムラ法は切開手術なので、ダウンタイムはクマやたるみを治療する施術の中では長い方に入ります。そのため、ダウンタイム期間中にどんな過ごし方をしたのかによって、その仕上がり方が大きく変わることもあるので充分注意が必要です。まず、腫れや痛みや内出血などは、個人差もありますが、1~2週間程続きます。切開をした部分の傷は、3週間程は赤みが続くことがありますが、メークで隠すことが出来るので大丈夫です。痛みが出る方もいますが、その場合は冷たいタオルやアイスパックで冷やすことで多少は治まりますし、もしそれでも治まらない時、クリニックで処方された痛み止めを服用して抑えることが出来ます。内出血が出た場合は、2週間程で吸収されていくので、それまではメークで上手に隠しましょう。ハムラ法は切開が伴うので、激しい運動や飲酒は出来るだけ控える必要があります。ダウンタイム期間中は、出来るだけ安静にして過ごすようにしましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。