溶ける糸によるフェイスリフトのリフトアップ効果と失敗・修正!

溶ける糸によるフェイスリフトのリフトアップ効果と失敗・修正について解説いたします。また名医のご紹介も同時に行っています。

溶ける糸によるフェイスリフトのリフトアップ効果と失敗・修正!

溶ける糸によるフェイスリフトとメリット

溶ける糸によるフェイスリフトは最新の技術を用いたリフト糸を使用しまして、低侵襲でしわやたるみを改善することができるリフトアップ整形です。

種類としては、スプリングスレッドリフトリードファインリフトコグリフトなどがあり、手軽で人気です。

糸についているコーンやコグが支えとなり、リフトアップ効果の過程でコラーゲンを生成します。

武藤静香と同様の顔に整形したい!

女性の永遠の願いはいつまでも若くいたいということです。昔に比べて肌にハリがなくなった、全体的に顔が垂れさがってきた、目尻の小じわが目立つ、などの年齢サインに気が付いて慌てて対策を始めたという人も多いでしょう。

昔のようになりたい、若返りたいと、高価な化粧品でケアしたり、表情筋トレーニングをするなどの努力をしている人は多いと思いますが、努力の割には大した効果が得られないのではないでしょうか。

そこで諦めてしまう前に、思い切って美容外科での整形を検討するのもひとつの手です。整形で若返ることができれば、武藤静香と同様の顔になることもできます。

武藤静香と同様の顔になるには、たるみや法令線、しわ、くまなどの老化現象を解消する必要があります。

確かなアンチエイジグ効果で人気があるのが顔の皮膚を切除してたるみを解消するフェイスリフト手術です。

フェイスリフト手術は、表面の皮膚だけではなく、筋肉の層から引き上げるので抜群のリフトアップ効果を得ることができます。

皮膚の切除までは望んでいないという人に人気なのが、糸を使って皮膚を引き上げる糸のフェイスリフトです。

特殊な糸を用いてナチュラルなリフトアップ効果が得られるので、幅広い世代に人気があります。

また、レーザーの熱で肌にダメージを与えコラーゲンの生成を促すレーザー治療もあります。レーザー治療はプチ整形並みに手軽な方法として人気を集めています。

このように老化のサインを解消し、武藤静香と同様の顔になる方法はいろいろありますが、成功するためには、信頼できるクリニックで経験豊富な医師を選ぶ必要があります。

メスを使わない方法だったとしても美容整形である以上、リスクを伴うということを忘れてはいけません。当相談所では全国の名医をご紹介しておりますので、お気軽にご連絡ください。

溶ける糸によるフェイスリフトの名医と有名病院

知名度があっても集団訴訟などで失敗が続発している病院もあります。説明がきちんと行われているか、無理な押し売りがないか、検査なども十分に確認しておきましょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

溶ける糸によるフェイスリフトで参考となる写真・症例・モニター

モニター募集中。
溶ける糸によるフェイスリフトで参考となる写真・症例・モニター

溶ける糸によるフェイスリフトの美容整形・手術・治療

吸収性の溶ける糸を使ったメスを使わない切らないたるみ治療で、フェイスリフトの中では初級的な治療です。

上手な医師・クリニックの特徴

糸を使ってフェイスリフトを行う場合、針を使って糸を通します。

この時、皮膚の薄い方に対して太い糸を使ってしまうと、糸が透けて見えてしまう恐れがあります。

また、筋肉や皮下脂肪を糸で引き上げる際、強く引き上げすぎてしまうと、顔のひきつりの原因となってしまいます。

他にも糸を挿入する際、医師の技術力が低いと、様々なリスクが生じる恐れがあります。

そのため、糸を使ったフェイスリフトの手術を受ける際、重要となるのが上手な医師を選ぶことです。上手な医師の場合、患者とよく話し合うという特徴がみられます。

フェイスリフトの方法には切る場合と糸を使う場合、溶ける糸を使う場合と溶けない糸を使う場合があります。

また、溶ける糸を使う場合でも、糸の種類は様々あり、それぞれ特徴が異なります。上手な医師の場合、患者の皮膚の厚さや要望などを考慮して、患者に合った方法をいくつか提示します。そしてどの方法が良いのかを、患者と一緒に検討していきます。

また、上手な医師はリスクについてもしっかりと説明します。そしてもし患者に何か分からないことや不安なことがある場合は、質問に答えてくれます。

美容整形の手術を行う際、事前に医師とカウンセリングを行います。上手な医師の場合、事前のカウンセリングがしっかりしているという特徴が挙げられます。

溶ける糸によるフェイスリフトの失敗・修正・再手術

溶ける糸でのフェイスリフト施術での失敗とは、経験している医師が起こしています。また術式が古い医師にも要注意です。フェイスリフトでの集団訴訟が起こった様に、下手な医師が執刀を行えば、不具合が生じ、仕上がりが不自然になることが考えられます。

溶ける糸によるフェイスリフトの効果・仕上がり・アフターケア

1週間程度の安静が必要ですが、腫れやむくみなどが少ない点でおすすめできます。また、ダウンタイムとアフターケアも切るフェイスリフトよりも少なくてすみます。

溶ける糸によるフェイスリフトの整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

溶ける糸によるフェイスリフトのトラブル・リスク・デメリット・後遺症

フェイスリフトの方法にはいくつかありますが、その中でも針を使って糸を挿入する方法の場合、切らずに行うことができるため、ダウンタイムが比較的少ないという特徴があります。

しかし、いくつか手術の失敗例も挙げられます。

溶ける糸のリスクは、切るフェイスリフトと比べると効果が下がることがあげられます。また感染対策などがしっかりとした医院を受診してください。

糸でリフトアップを行うと、顔の筋肉を糸で引っ張っている状態になるため、顔がひきつったり、笑顔が不自然になることがあります。

また、人によっては表情を変える際に痛みが生じることもあります。

さらに、溶ける糸では太い糸を使用しますが、この時皮膚が薄い方ですと、糸が透けて見えることがあります。

皮膚が薄い場合、顔に触れた時に痛みが生じる恐れもあります。

他にも挿入した部分から糸が飛び出してくる、傷口が炎症を起こすといった症状が見られることもあります。

また、リフトアップを行う際、溶ける糸を使用することもありますが、糸が溶けてしまうとリフトアップの効果は減少してしまいます。

溶ける糸が溶けるのは、約1年ほどとなっています。糸が溶けてしまうと再び糸を挿入しなければなりません。

すると糸が溶けるたびに修正の手術を受けなければならなくなります。

しかし、修正の手術を行えばそれだけ手術が失敗するリスクも高まります。溶ける糸を入れた場合、何度も修正を行う必要があるため、それだけリスクも高まる恐れがあります。

若返り・アンチエイジングの整形でのトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

白目の腫れ(浮腫) 目袋の膨らみが残る 凹みすぎ 下まぶたの外反 下三白眼 細かいシワが残る 小ジワの増加 下眼瞼の膨らみ 左右差 凹みが出来る 傷の凹みや段差 目の下から上口唇の知覚の麻痺・鈍さ・しびれ 笑った時に口元が歪む 涙が溜まりやすくなる 効果がない 中縫いの糸が出てくる つっぱり 感染(化膿) 血が溜まる 傷が開く 白目や角膜の損傷 眼球の火傷 糸の露出 糸に対するアレルギー 糸に違和感・異物感 糸の突っ張り感・引きつり感 神経の損傷(しびれ・知覚鈍麻) フェイスリフトの禿げ(脱毛) 表情が無くなる コーンが外れる 傷の段差・凹み 耳の変形 色素沈着

溶ける糸によるフェイスリフトの部位・箇所

頬・ゴルゴライン・マリオネットラインなどのたるみに効果的です。

若返り・アンチエイジングの美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

頬 眉間 目尻 目の上 目の上 目の下 ゴルゴライン 法令線 マリオネットライン 額 唇 首 手 たるみ しわ くぼみ こけ くま(目の下だけ)

溶ける糸によるフェイスリフトのダウンタイム・腫れ

比較的ダウンタイムは短めで1週間程度です。

溶ける糸によるフェイスリフトの料金相場と安い価格・費用

費用は50万前後とされています。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

糸を使ってフェイスリフトを行った場合、顔が引きつったり、痛みが生じる恐れがあります。

また、皮膚が薄い人の場合は、糸が透けて見えてしまうこともあります。

そして溶ける糸を使った場合、糸が溶けてしまうとリフトアップの効果が薄れてしまうため、何度も修正のために手術を行わなければならなくなります。

しかし修正のための手術を繰り返せば、それだけ痛みなどのリスクが生じる可能性も高まります。そのため、リスクを少しでも減らすためには、上手な医師に手術を依頼する必要があります。

上手な医師の場合、患者との話し合いをしっかりと行うという特徴が挙げられます。また、上手な医師のいる病院は、受付がしっかりと対応してくれる、料金設定が明確になっているなど、患者を想ったサービス提供がなされるという特徴があります。

当相談所では、病院選びに失敗しないよう、おすすめの病院をご紹介しています。

溶ける糸を使ったフェイスリフトの手術で生じるリスクを減らすためには、少しでも上手な医師に手術を依頼することが重要です。

当相談所では、少しでも失敗のリスクが少なくなる様、上手な医師のいる病院を紹介させていただいています。少しでも気になる場合は、お気軽にご連絡ください。

若返り手術の名医は、溶ける糸によるフェイスリフトだけでなく、ハムラ法、裏ハムラ法、ミッドフェイスリフトなどを専門としていますから、ぜひ、そういった名医を選んで頂き、手術をされる事をお薦めいたします。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。