フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

溶ける糸によるフェイスリフトのリフトアップ効果と失敗・修正!

溶ける糸によるフェイスリフトのリフトアップ効果と失敗・修正について解説いたします。また名医のご紹介も同時に行っています。

溶ける糸によるフェイスリフトのリフトアップ効果と失敗・修正!

溶ける糸によるフェイスリフトとメリット

溶ける糸によるフェイスリフトは最新の技術を用いたリフト糸を使用しまして、低侵襲でしわやたるみを改善することができるリフトアップ整形です。

種類としては、スプリングスレッドリフトリードファインリフトコグリフトなどがあり、手軽で人気です。

糸についているコーンやコグが支えとなり、リフトアップ効果の過程でコラーゲンを生成します。

溶ける糸によるフェイスリフトの名医と有名病院

知名度があっても集団訴訟などで失敗が続発している病院もあります。説明がきちんと行われているか、無理な押し売りがないか、検査なども十分に確認しておきましょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

溶ける糸によるフェイスリフトで参考となる写真・症例・モニター

モニター募集中。
溶ける糸によるフェイスリフトで参考となる写真・症例・モニター

溶ける糸によるフェイスリフトの美容整形・手術・治療

吸収性の溶ける糸を使ったメスを使わない切らないたるみ治療で、フェイスリフトの中では初級的な治療です。

溶ける糸によるフェイスリフトの失敗・修正・再手術

溶ける糸でのフェイスリフト施術での失敗とは、経験している医師が起こしています。また術式が古い医師にも要注意です。フェイスリフトでの集団訴訟が起こった様に、下手な医師が執刀を行えば、不具合が生じ、仕上がりが不自然になることが考えられます。

溶ける糸によるフェイスリフトの効果・仕上がり・アフターケア

1週間程度の安静が必要ですが、腫れやむくみなどが少ない点でおすすめできます。また、ダウンタイムとアフターケアも切るフェイスリフトよりも少なくてすみます。

溶ける糸によるフェイスリフトの整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

溶ける糸によるフェイスリフトのトラブル・リスク・デメリット・後遺症

溶ける糸のリスクは、切るフェイスリフトと比べると効果が下がることがあげられます。また感染対策などがしっかりとした医院を受診してください。

若返り・アンチエイジングの整形でのトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

白目の腫れ(浮腫) 目袋の膨らみが残る 凹みすぎ 下まぶたの外反 下三白眼 細かいシワが残る 小ジワの増加 下眼瞼の膨らみ 左右差 凹みが出来る 傷の凹みや段差 目の下から上口唇の知覚の麻痺・鈍さ・しびれ 笑った時に口元が歪む 涙が溜まりやすくなる 効果がない 中縫いの糸が出てくる つっぱり 感染(化膿) 血が溜まる 傷が開く 白目や角膜の損傷 眼球の火傷 糸の露出 糸に対するアレルギー 糸に違和感・異物感 糸の突っ張り感・引きつり感 神経の損傷(しびれ・知覚鈍麻) フェイスリフトの禿げ(脱毛) 表情が無くなる コーンが外れる 傷の段差・凹み 耳の変形 色素沈着

溶ける糸によるフェイスリフトの部位・箇所

頬・ゴルゴライン・マリオネットラインなどのたるみに効果的です。

若返り・アンチエイジングの美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

頬 眉間 目尻 目の上 目の上 目の下 ゴルゴライン 法令線 マリオネットライン 額 唇 首 手 たるみ しわ くぼみ こけ くま(目の下だけ)

溶ける糸によるフェイスリフトのダウンタイム・腫れ

比較的ダウンタイムは短めで1週間程度です。

溶ける糸によるフェイスリフトの料金相場と安い価格・費用

費用は50万前後とされています。

溶ける糸によるフェイスリフトのまとめとオススメ

若返り手術の名医は、溶ける糸によるフェイスリフトだけでなく、ハムラ法、裏ハムラ法、ミッドフェイスリフトなどを専門としていますから、ぜひ、そういった名医を選んで頂き、手術をされる事をお薦めいたします。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。