フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

溶ける糸・フェイスリフトの失敗を解説!

失敗例

溶ける糸・フェイスリフトの失敗を解説してまいります。
皮膚の表面から糸が透けて見えるリスクなど、代表的に起こり得るもの、ご相談所に報告されているものを集計いたしました。

溶ける糸・フェイスリフトの失敗を解説!

溶ける糸の失敗で糸が透けて見える

ミントリフトは、太くて丈夫な糸を使っているため、皮膚の表面から糸が透けて見えることがあります。
人によっては、皮膚の表面をさわるとトゲを感じることもあるほどで、皮膚の厚みにあわせて溶ける糸を挿入する必要があります。

ただ、医師の技術が低いと、肌の薄さを考慮せずに挿入してしまい、糸が透けて見えるという失敗が起こりやすくなってしまいます。

また、ミントリフトのトゲは、丈夫でリフト力が強い分、顔の動きも制限されてしまいます。

効果が持続しない溶ける糸

若返り整形手術の一つ、溶ける糸をこめかみから挿入してたるみを引き上げるミントリストは、たるみの改善効果が高い反面、糸が溶けてしまうため、効果が持続しないというデメリットがあります。

この手術は、トゲのある糸を皮膚細胞にひっかけてリフトアップする施術ですが、引き上げる力は強いというメリットがありますが、人によってはダウンタイムが長く、えくぼのようなくぼみができるなどのリスクもあります。

ひきつれ・笑顔が不自然になるリスク

ミントリフトは、トゲが丈夫でとれにくく、たるみを引き上げる効果に優れています。
しかし、引き上げる力が強すぎた場合、ひきつれ・笑顔が不自然になるなどの失敗のリスクもあり、半年ほど違和感が残る人もいます。

また、人によって1ヶ月ほど顔がパンパンに腫れる場合もあり、医師の技術によって理想と異なる仕上がりになることもあるので、思わぬ失敗が起こる可能性も考慮して施術を受けることが大切です。

施術実績が豊富なクリニックがおすすめ

失敗を防ぐには、奨励数の多いクリニックや技術力のある医師を選ぶことが大切です。特に、症例写真や詳細を多く掲載しているクリニックなどは、経験が豊富である可能性も高く、トラブルにも対応できる場合が多いのでおすすめです。

また、顔の形や皮膚の厚みなどを考慮して、個人にあわせて挿入を調整できる医師の技術が重要となりますから、価格が安いからと安易に決めず、カウンセリングをきちんと行うクリニックを選びましょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。