フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

溶けない糸によるフェイスリフトのリフトアップ効果と失敗・修正!

溶けない糸によるフェイスリフトを失敗しないために、名医選びのコツをご紹介致します。医師が診察で教えてくれない裏側をまとめています。

溶けない糸によるフェイスリフトのリフトアップ効果と失敗・修正!

溶けない糸によるフェイスリフトとメリット

糸が溶けるので、お試し感覚でリフトアップの整形ができます。挿入部分以外に傷跡はなく、1dayで手術が可能となります。ダウンタイムも短いのが利点です。

溶けない糸によるフェイスリフトの名医と有名病院

デコボコや糸の飛び出しのリスクが発生しないためには、症例実績の多い名医による施術が欠かせません。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

溶けない糸によるフェイスリフトで参考となる写真・症例・モニター

モニターも募集しています。

溶けない糸によるフェイスリフトで参考となる写真・症例・モニター

溶けない糸によるフェイスリフトの美容整形・手術・治療

挿入個所は、頬から耳にかけて、首の前方、耳の後ろ、うなじ付近、眉の上、おでこの生え際などが選択されており、リフトアップをしたい部分に合わせて挿入個所を変えます。糸の材料としては、フェザーリフトミラクルリフトゴールデンリフトなどがあります。

上手な医師・クリニックの特徴

溶けない糸によるトラブルの多くは、医師の技術不足によって起こります。顔のひきつりは糸できつく引き上げすぎるために起こります。

また、患者の皮膚の厚さを考慮しないで太い糸を使ってしまうと、糸が透けて見えてしまう原因になります。

さらに糸を挿入する際に、血管や神経を傷つけてしまうと、痛みや腫れの原因となってしまいます。

溶けない糸を使ってリフトアップを行ったものの、思うような結果が出なかった場合には、新しく糸を入れて再び引き上げる修正を行います。

しかし、修正を繰り返せばその分トラブルが生じる可能性が高まります。また、糸を取り除くのは非常に困難となります。

そこでトラブルを回避するためには、少しでも修正が少なくなるように、上手な医師に依頼することです。上手な医師の特徴は、カウンセリングに現れます。

上手な医師の場合、手術の方法やリスクについて丁寧に説明を行います。そしてフェイスリフトを行う方法をいくつか提示してくれます。

それぞれの方法について知ることで、患者が納得したうえで手術法を選択することができます。

また、高い技術を持つ医師の特徴としては、形成外科での経験があることも挙げられます。

上手な医師の場合、これまでの経験についてもプロフィールでしっかりと紹介しています。

有名な大学出身だから技術も高いとは限りません。あくまでしっかりと実践を積んでいるか確認する必要があります。

溶けない糸によるフェイスリフトの失敗・修正・再手術

溶けない糸を使ってフェイスリフトを行う場合、皮膚を切らずに行うことができます。また、糸が皮膚の中に残るため、効果の持続が期待できます。しかし、糸を入れる際、様々なトラブルが生じる恐れがあります。

皮膚を強く引き上げすぎてしまうと、顔が引きつるようになります。すると笑顔が不自然な形になってしまいます。

また、表情を変えたりアゴを動かすたびに痛みが生じたり、常にかゆみがある状態になってしまいます。

さらに、頬骨の上に引き上げた皮膚が乗ってしまうと、顔の上半分が大きく見えるようになります。

なお、皮膚の薄い方の場合ですと皮膚がデコボコになってしまったり、糸が透けて見えてしまうこともあります。

また、溶けない糸を使ってフェイスリフトを行ったものの、あまり効果が見られなかった場合もあります。この場合、糸を再び入れれば修正を行うことができます。

しかし、新しく糸を入れれば、それだけトラブルにつながる可能性も高まります。

そしてトラブルが生じた場合、溶けない糸を取り除く必要があります。しかし溶けない糸を取り除くためには皮膚を切り開く必要があります。

この時、糸の折り返しが皮膚の組織にしっかりくっついていると、糸を取り除くことが非常に困難となります。また、修正を行う過程で、神経や血管を傷つけてしまう恐れもあります。

リフトアップの治療ですが、必ず若返るというわけではなく、引っ張り上げる箇所を誤ってしまうと、全く予測しない顔の印象になってしまう失敗がありますので、糸の挿入方法に熟知した名医を選ばなければ修正手術となり得ます。

溶けない糸によるフェイスリフトの失敗をまとめてみたをご覧ください。

溶けない糸によるフェイスリフトの効果・仕上がり・アフターケア

効果は術後すぐに感じられますが、2週間から1か月経過しても変わらない場合には失敗の可能性が高いです。糸を使ったフェイスリフトは医師の技術の差が出やすいです。

溶けない糸によるフェイスリフトの整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

溶けない糸によるフェイスリフトのトラブル・リスク・デメリット・後遺症

溶けない糸のリスクとして、抜去や除去が考えられます。
下手な医師による施術は糸が切れたり、部分的に露出してしまう失敗もあるので、クリニック選びが重要です。
修正となりますと、糸を入れ替えたりする必要もあります。

若返り・アンチエイジングの整形でのトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

白目の腫れ(浮腫) 目袋の膨らみが残る 凹みすぎ 下まぶたの外反 下三白眼 細かいシワが残る 小ジワの増加 下眼瞼の膨らみ 左右差 凹みが出来る 傷の凹みや段差 目の下から上口唇の知覚の麻痺・鈍さ・しびれ 笑った時に口元が歪む 涙が溜まりやすくなる 効果がない 中縫いの糸が出てくる つっぱり 感染(化膿) 血が溜まる 傷が開く 白目や角膜の損傷 眼球の火傷 糸の露出 糸に対するアレルギー 糸に違和感・異物感 糸の突っ張り感・引きつり感 神経の損傷(しびれ・知覚鈍麻) フェイスリフトの禿げ(脱毛) 表情が無くなる コーンが外れる 傷の段差・凹み 耳の変形 色素沈着

溶けない糸によるフェイスリフトの部位・箇所

目の下のクマとたるみに効果が有ります。
また、同時にゴルゴラインのしわを埋める治療戸の相性が良いので、お薦めできます。

若返り・アンチエイジングの美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

頬 眉間 目尻 目の上 目の上 目の下 ゴルゴライン 法令線 マリオネットライン 額 唇 首 手 たるみ しわ くぼみ こけ くま(目の下だけ)

溶けない糸によるフェイスリフトのダウンタイム・腫れ

溶けない糸によるフェイスリフトは、大きな傷跡も残りませんが、術後数日は腫れたり内出血が出ます。
また多少の痛みや違和感を感じる事は普通なので、気長に効果が出るのを待つ必要があります。

溶けない糸によるフェイスリフトの料金相場と安い価格・費用

両頬のフェイスリフトで、費用相場は40~60万円です。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

中には、注入治療と溶けない糸のリフトアップを併用させて、3Dにふっくらとさせる治療を行っている名医がおります。若返りの手術は奥が深いので医師選びが肝心です。

溶けない糸でフェイスリフトを行う時、強く引き上げすぎてしまうと顔のひきつりが生じます。すると表情が作りにくくなったり、痛みが生じるようになります。

また頬骨の上に皮膚が乗ってしまうと、顔の上半分が大きく見えるようになってしまいます。さらに皮膚が薄い方ですと、糸が透けて見えてしまうこともあります。

これらのトラブルの多くは、医師の技術不足によって起こります。そして効果が十分に出なかった場合は、再び糸を挿入すれば修正可能ですが、修正を繰り返せばその分トラブルが生じる可能性は高くなります。また、糸そのものをなくしたい場合は、自然には溶けないので皮膚を切り開いて糸を取り除く必要があります。しかし、糸と皮膚の組織がしっかりくっついていると、糸を取り除くことは困難となります。

そこで修正を行わないために重要なのが、上手な医師に手術を依頼することです。上手な医師はカウンセリングをしっかりと行い、メリットとデメリットの説明も行われます。また、形成外科などの経験も豊富ですと、より高い技術力が期待できます。

当相談所では、そんな上手な医師のいるおすすめの病院を紹介しています。溶けない糸で失敗しないためには、上手な医師を選ぶことが重要です。少しでも不安がある場合は、お気軽にご連絡下さい。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。