フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

【リフトアップ】溶けない糸によるフェイスリフトのリスクとは?

【リフトアップ】溶けない糸によるフェイスリフトのリスクまとめ

若返り治療、【リフトアップ】溶けないによるフェイスリフトのリスクで特に注意したいところを挙げていきます。手術をする前に必ず読んでください。

【リフトアップ】溶けない糸によるフェイスリフトのリスクとは?

溶けない糸によるフェイスリフトのリスク リフトアップ効果が無い・たるみが解消しない

溶けない糸は溶ける糸よりも効果期間が長いですが、それでも切るフェイスリフトよりは効果性が低く、たるみがすぐに後戻りしてしまうリスクがあります。もちろん医師の技術力にもよって変わってきます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

溶けない糸によるフェイスリフトのリスク ゴルゴライン・法令線のしわ

ゴルゴラインと法令線にしわが残るリスクがあります。引き上げのデザインを間違えたり、糸の挿入層が違うと予想外のリスクに見舞われますので、病院選びは十分に注意して、症例数や症例写真を確認しましょう。違和感があればセカンドオピニオンを受けてください。

溶けない糸によるフェイスリフトのリスク 剥げる

髪の毛の中を切れば(挿入部分を切開した場合)、そこが剥げてしまうリスクもあります。

さいごに・・

以上、【リフトアップ】溶けない糸によるフェイスリフトにおける代表的なリスクです。
リスクに不安がある方は、当相談所で名医をご紹介しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。