フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

溶けない糸によるフェイスリフトの失敗をまとめてみた

失敗例

溶けない糸によるフェイスリフトの失敗例をご紹介致します。医師が教えてくれない手術のポイントを徹底分析いたします。手術を受ける前に、本当にこの治療方法、医師選びが正しかったのかを精査しておく必要があります。

溶けない糸によるフェイスリフトの失敗をまとめてみた

溶けない糸の失敗、効果が持続しないってよくあるの?

効果が持続しない等の失敗をしないためには。

顔のリストアップ整形には、顔にメスを入れるフェイスリフト手術、高周波・超音波・光治療などによる照射治療、ヒアルロン酸などによる注射治療、糸を使って皮膚を引き上げるフェイスリフトがあります。
中でも比較的手軽に顔のたるみを解消できるフェイスリフト整形が注目されています。金の糸・フェザーリフト・スプリングリフトと主に3つの種類があります。選ぶ際は効果が持続しない等の失敗には要注意です。

ひきつれ・笑顔が不自然といった失敗例

リフトアップ整形は安全性の高い糸を使用しますが、手術後の失敗例も多くあります。失敗例には、効果自体がなかった、効果が持続しない、引き上げ過ぎてひきつれ・笑顔が不自然になった、顔を動かすと糸が引っかけているこめかみが痛む、などが報告されています。中でも金の糸はトラブルが多く金属アレルギーが出てしまうといったケースがあります。また、だんだん溶けていって皮膚の組織と同化してしまうこともあるので、溶けない糸の方が安全です。

スプリングリフトなら失敗は少ないが糸が透けて見えるなどの失敗には要注意

失敗を避けるには、スプリングリフトが一番良い方法といえます。金の糸のような溶けるタイプの糸は皮膚組織に吸収されやすいわけですが、スプリングリフトは溶けない糸を使用するため他の方法よりも安全性が高く効果が持続しやすいのです。また、伸縮性があるのでひきつれ・笑顔が不自然になってしまうことも少ないのです。ただし、糸が透けて見える、引き上げる頬の肉が重過ぎると糸が伸びて劣化が早まるというような失敗例もあるので要注意です。

医師によって効果は異なるので事前に名医を探すことが大切

糸を使用したリストアップにはさまざまな種類がありますが、施術をする医師によって効果が異なるものです。失敗しないためには、事前にいくつかのクリニックの情報や口コミを調べて、施術方法や術後の効果を比較検討して名医を探すことが大変重要です。さらには施術前に十分に納得がいくまでカウンセリングを受けて医師の技量を確かめてから臨むことが大切です。このように、事前の準備をしっかりとして後悔しないフェイスリフト整形をしたいものです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。