フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ネックリフトで失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

ネックリフトの失敗では、たるみの改善が十分に出ないことや、傷痕が目立つことです。
頬骨やエラ骨が張り出している人だと、効果が出にくいこともあります。

他にもネックリフトは、顔と比例しないで不自然な仕上がりになったりします。
皮膚だけで引っ張り上げるフェイスリフトだと失敗することもあるので、格安だからといって安易に受けるのは危険です。

主なトラブルや後遺症には、脱毛やはげ、感染症や化膿、フェイスリフトの糸の露出や壊死などです。
他にもシワが思っていたよりも改善しない場合や、ギャザー、たるみに効果が出ない、リフトアップの左右が異なるなどがあります。

ほうれい線やゴルゴ線に効果が出ないことや、傷がケロイドになったり、顔面神経麻痺や症状が不自然、突っ張り感や引きつり感が残ることもあります。

また、頬のしびれや知覚の麻痺、耳たぶの変形やへこみと凹凸、異物感やアレルギー、毛嚢炎に腫れ、内出血や痛みなどがずっと続くこともあります。

技術力が低い医師やクリニックに注意

ネックリフトの整形は、技術力が低い医師やクリニックだと失敗やリスクも高くなり修正などのトラブルも起きやすいです。

こうしたクリニックは、カウンセリングも短くてアフターケアなどがないこともあります。

失敗などのリスクを回復するには優れた医師を探すことが重用です。

ネックリフトの手術は、プチ整形やケーブルスーチャーなどの糸によるフェイスリフトをしても、思っていたよりも効果がなかったために行う人が多いです。

経験と技術力が必要な手術で、耳の後ろ側からうなじ部分にかけて切開をしますが傷跡が残ります。
傷跡はシワに沿って切開をするため目立ちにくいですが、縫合技術がないと傷痕が汚くなったりします。

技術力や医師の経験なども仕上がりなどに差が出てくるので、輪郭形成、頭蓋学外科の知識がある先生だと安心です。
感染を防ぐのに拘る医師だと、ドレーンや抗生剤点滴なども2種類用意してくれます。

修正が可能かは症状によって異なってくるので、施術を受けたクリニックに相談または、他の信頼できる医師に依頼するとよいです。

ネックリフトで失敗するとどうなってしまうのか

上手な医師・クリニックの特徴

ネックリフト施術を行う際には、色々な方法があります。

医師によって得意とする方法もさまざまですので、やはり熟練した医師や、その人に合う施術法を考えて、仕上がりが綺麗になるようにしっかりと考えてくださる医師が一番でしょう。

切開法の場合、耳の後ろからメスを入れてうなじ部分の頭頂部に近い皮膚に切れ目を入れ、たるみを取り除いてから、再び縫合していきます。

手術後はほとんど髪で傷跡がみえなくなりますので、こうした手術を何件も行っている熟練した医師を選ぶべきでしょう。

ボトックス菌を首のたるみ部分に入れてネックリフト修正をとる方法もあります。この場合は人によっては向き、不向きがあります。

身体にダメージがあまりない方法なのですが、人によっては、ごくまれですがボトックス菌によるアレルギーが出てしまったり、頭痛などの症状が起こる場合もあります。

またたるみの程度が大きい場合や、皮膚がたるんでいる場合などは、ボトックス菌による修正法が合わない場合もあるでしょう。

他にも糸を入れて首のたるみを吊る方法があります。自然な出来上がりになりますが、施術中は痛みが強いため全身麻酔が必要な場合もあるため、美容整形にリスクが伴う場合もあります。

失敗例まとめ

ネックリフトなど顔のリフトアップ手術で失敗が多いのが、顔を真正面から見た時の効果の出方です。
西洋人だと頬骨が低くて、ネックリフトなどのフェイスリフトをしても張力が顔の正面の部分まで影響しやすいです。

しかし、東洋人は頬骨が高いので張力が及びにくく、顔の正面はリフトアップ整形の空白地と言われています。
日本では効果が出やすいように工夫もされていますが、医師の技術や知識、好みなどで効果が一定でないためリフトアップ手術を受けるときは注意が必要です。

傷跡も名医だとしても目立つことがあり、白いので東洋人だと白肌の西欧人に比べて目立ちやすいです。
切るフェイスリフトだと耳が立ち上がって、耳たぶが伸びたりして変形が起こることもあります。

耳の前の部分や側頭部の毛髪部、髪の生え際を切開してから剥離し、余分な皮膚を切ってから縫合しますが、もみあげの位置がずれてしまうこともあります。

すると、髪の毛が生えているはずの部位に生えてなくて、生えてないところに生えてしまうなどの失敗も起きます。

ネックリフトの失敗

ネックリフトに失敗して腫れと内出血が強く出るってどういう状態?

腫れと内出血が強く出る失敗例もあります。

ネックリフトは切開をするため手術後は腫れと内出血が強く出ることがあります。通常のダウンタイム期間は1週間程度と言われていますが、腫れや内出血が強く出た場合はさらにダウンタイムが伸びる恐れがあります。どうしても痛くて耐えられない場合は痛み止を服用したり患部が感染症になったりしないようにアフターケアをしっかり行うことが大切になってきます。早く腫れを抑えたい場合は冷やす方法もおすすめです。

効果が無い・たるみが取れないと感じることもある

基本的には施術をする前にシミュレーションを行うので効果があることがほとんどですが、ごく稀に効果が無い・たるみが取れないことがあります。これは引き上げすぎると左右非対称になったり違和感が出てしまうことがあるので控えめに施術を行うことが原因の1つだと考えられます。自分にとっては思っていたよりも効果が無い・たるみが取れないと感じることもあるかもしれませんが、実際には変化していることもよくあります。

傷跡が目立つことがある

ネックリフトは傷跡の目立たない髪の毛の生え際や耳の付け根辺りにかけて切開をして広顎筋をしっかりとリフティング固定していきます。そのため傷跡が目立つということはほとんどありませんが、切開をするのでよく見ればわかったり手術直後は赤くなっているのでダウンタイム期間が必要になります。大体の場合は二週間もすれば赤みも消えてきて傷跡も治ってきますが、ずっと傷跡が残ってしまうことがあります。

名医の見つけ方について

ネックリフトの手術を受ける前に名医を見つけることが大切になってきます。

名医であれば手術が失敗するというリスクを回避することが出来たり手術前に安心して臨むことが出来ます。

どのようにして名医を探すのかと言うとネットで口コミを探してみたり手術前と手術後、経過の写真を掲載しているところもあるので参考にすることをおすすめします。

またカウンセリングは医師を判断するのに非常に大切なのでしっかりと受けるようにしましょう。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

ネックリフト術にはさまざまな施術方法があり、クリニックによって得意分野があります。首のうしろから皮膚を切除して、たるみを縫い込む方法や、糸で吊り上げる方法、ボトックス菌を注射する方法などがあります。

クリニック選びのポイントは、自分に適している施術法をおこなっているクリニックはどこかを知ることでしょう。

そのためには、いくつかクリニックの特徴やどのような施術法を行っているのかを比較しながら、いくつか絞り込んでいくとよいでしょう。

最終的には、絞り込んだいくつかのクリニックでカウンセリングを受けて、最終候補を決めていかれると、後から後悔することはありません。

ネックリフト施術は、美容整形部位の中でも、きわめて難しい部分ですので、医師によってレベルに大きな開きもあります。

できれば技術力も優れており、仕上がりも綺麗な評判のよいクリニックで受けたいものです。

これからネックリフト施術を初めて受けられる方も、やり直しをされる方も、おすすめのクリニックがわからない、どこにしたらよいのか迷ってしまう場合は、是非当相談所をご利用ください。

受けてみたいネックリフト施術を得意とし、症例数の多いクリニックをご紹介します。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。