フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ネックリフトの名医はどう探せばいい?評判の良い美容外科・クリニック

ネックリフトは、年齢と共にたるみなどで顔の輪郭が四角い印象になったり、首元から頬のラインのたるみなどを改善するフェイスリフトの整形のひとつの方法です。

頚部のフェイスリフトは首のあたりのリフトアップ手術のことで、皮膚だけで引っ張りあげたり、糸を使ったり筋膜やリガメントなどの種類があります。

切開ラインは耳の上か頭髪内をV字またはW字に切開してから行います。
技術力の高い名医と、低い医師の技術差がかなり出やすい整形です。

ネックリフトのメリットは、首のあたりに出るたるみやシワを解消することで10歳ぐらい若返るごとが出来ることです。
ハリが出てきます。

リスクもありたるみの改善が出なかったり、傷痕が目立つことがあります。
頬骨やエラ骨が張り出ているときは、効果が出にくいので注意が必要です。

未然にトラブルを防ぐには、やはり腕の確かな名医を探すことです。
この施術での実績が豊富で、カウンセリングなどもしっかりと行ってくれてアフタフォローなども充実しているクリニックが安心です。

ネックリフトの名医

専門的な知識があり経験が豊富な名医を探すことが重要

ネックリフトの名医を探すときには、有名なクリニックだからで選ぶのでなくてその施術に対して専門的な知識があり経験が豊富な名医を探すことが重用です。

ネックリフトの名医を探すときには、医師の実績がポイントになります。
もとが皮膚の専門医でたるみ治療のような繊細な施術も出来る技術力を持っている医師や、手術回数も多くて他のクリニックの医師からの紹介やアフタフォローを依頼されるような医師だと安心です。

技術力も重要ですが、カウンセリングも大切です。
治療前に必ず最低でも1時間程度の丁寧な説明などをしてくれて、リスクなども伝えてくれる医師だとよいです。

同意したあとも患者がゆっくりと考える時間が作れるように、別の日に手術は行ってくれて、内服薬や無料の電話相談などのアフターケアなども万全だと受けた後もトラブルが少なくなります。

他のクリニックでの治療が失敗しなかった時でも対応してくれたり、治療前に不安を全て解消することを心がけてくれる医師だと信頼も出来ます。

治療法だけでなく、ダウンタイムやリスク、アフターフォローなど医師だけでなくスタッフ全員が対応してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

ネックリフト受けるならココ!評判の良い美容外科・クリニック

加齢によって肌が衰えて、顎の下や首筋がたるんでいたりシワだらけで老けた印象になっていたり、首元が開いた服を着ると目立つので気になってしまうときに有効なのがネックリフトです。うなじなど髪の生え際を処理して引き上げることでたるんだ首元の皮膚を元通りにして、傷跡も目立たないので簡単に美しい首筋や顎のラインを取り戻すことが可能です。

施術経験・症例数

美容手術に定評のある医院なので施術経験も豊富で、これまでの施術例を参考にしながら希望通りの仕上がりを実現できます。同時にできる施術の数も多くて、脂肪吸引やボトックス、ヒアルロン酸、シミ消しなどを受けて首周りやフェイスラインを若々しく整えて一気に美しさを取り戻せます。モニターを使って実際の感じを確認したり、1人1人の体の構造に合わせて一番目立たない切開部分を見極めてもらえるので術後も傷跡が残らず普段通りの生活ができます。

術中・術後ケアが万全か

東京の安いクリニックでネックリフトを受けるときの値段は15~20万円くらいです。局所麻酔で行って、傷口は抜糸のいらない皮膚用接着剤で処理することが多いので切開手術の中でも割と気軽に受けられます。手術にかかる時間は1時間弱で、ダウンタイムは3日間程度なので比較的早く通常の生活に復帰できて、首元をスカーフやタートルネックの服で隠しておけばエイジング手術を受けたことを周囲に知られる心配もありません。慣れていない医者だと引き上げ具合が足りずにたるみが残ってしまったり、傷口の処理が足りず炎症や化膿を起こすなどの失敗があるので術後も安静にして、異常を感じたらすぐに診察を受けるようにしましょう。

評判のよい美容外科なら傷口がほとんど見えないような部位を選んでやってくれて、数ヶ月後には全く見えなくなるくらいきれいに仕上がるので安心です。効果も半永久的に持続するので一度ネックリフトを受ければいつまでも美しい首元を維持できます。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。