フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬リフトで失敗すると?

頬リフトはフェイスラインで最も目立つ位置となる頬の皮膚を引き上げて頬や口角のたるみを解消します。手術の方法はリスクが低い順に高周波などのレーザー治療、ヒアルロン酸やボツリヌストキシンなどの注射治療、糸によって皮膚を引き上げる方法、必要な箇所を切ることで行うリフトアップがあります。

切るリフトアップは側頭部または耳の前後の輪郭に沿って切開し、皮膚と骨を固定するための支持靭帯となるリガメントを剥離させてから持ち上げ、動いた位置から糸をかけて固定するという方法です。外科的な処置によって皮膚や筋膜を直接引き上げるという方法のため効果が高く、すぐに実感出来るというのが強みですが、切開するという時点で傷跡が残るというデメリットがあります。

さらに短期的な方法として糸による引き上げがありますが、こちらはリガメントが剥離できないため、完全なリフトアップが難しいというのが現状です。どの頬リフトを利用しても完全なものではなく、失敗する可能性も十分にあるため、リスクを理解しておく必要があります。

頬リフトで失敗すると?

切開部分から離れた位置でたるみが生じる

頬リフトの失敗例として良く挙げられるのが、切るリフトアップで切開部分から離れた位置でたるみが生じるというものです。いくら皮膚と骨を固定するリガメントを剥離して、再び固定できたとしても皮膚が伸びきってしまうとたるみを完全に抑えることは難しいと言えます。頬の脂肪が重力に負けて下がり続けると、以前にも増してたるみが生じることも少なくありません。元から深いしわがあった場合は完全に消すことは難しいので、場合によってはボトックス注射など、他の有効な手術を受けることも大切です。糸を使った頬リフトは切る方法よりもリスクは低いですが、効果が出しにくく場合によっては実感できないということもあります。

その際にはより強く引き上げを行いますが、無理に引っ張ることで固定する部分に負荷がかかってひきつれや片頭痛を起こす問題もあります。また、長期的に持続することが難しいので、施術からしばらくすると後戻りしてしまうことがあります。医師の技術によりますが、リフトアップの効果が左右対称にならないこともあるようです。

頬リフトの失敗

頬リフトの失敗で効果が無い・たるみが取れない

頬リフトの実感なし、効果が無い・たるみが取れないという失敗例あります。

頬リフトでのトラブルで最も多いものが、効果が無い・たるみが取れない、効果持続時間の短さなどがあります。さらに過剰な引き上げによる不自然さ、耳の変形、左右のアンバランスなどもあります。とくに頬リフトでは効果が一番高いといわれる切開によるリフトアップでは、たるみが消えない、皮膚が伸びてたるみやシワが消えないというトラブルも多くなっています。リスクの少ない注射や糸リフトはさらに効果持続が短くなります。

頬リフトの切開法は、意外に傷跡が目立つ

リフトアップには皮膚を切開して引き上げるリフトと、糸や照射系リフトのように切らないリフトがあります。切らないリフトアップよりも改善効果の高い切るリフトは、髪の生え際や耳元などを切開します。できるだけ傷跡が目立つ場所を避けますが、白っぽく残ってしまうケースが多くなっています。耳元を切開するためもみあげが薄くなって、かえって傷跡が目立つため植毛する人もいます。さらに、左右のもみあげのアンバランスの問題もあります。

中顔面は腫れと内出血が強く出る

切開法は腫れと内出血が強く出ることがありますが、ダウンタイムがほとんどないといわれる糸リフト系でもダウンタイムが長引くケースがあります。長くても内出血は1週間、腫れは2~3週間ほどですが、それ以上大幅に長引くケースがあります。中顔面は血管や神経が密になっているため太い糸を挿入する際は、感染症も注意して細心の注意が必要です。皮膚の状態も考慮に入れる部分のため、ちょっとしたミスが長いダウンタイムにつながります。

ミッドフェイス(中顔面)こそおすすめ医師で

フェイスリフトでは髪の生え際の切開する手術と、糸によるリフトアップ、高周波や超音波、レーザーなどの照射系リフトアップ、ヒアルロン酸やボトックスなど注射系リフトなど色々あります。ミッドフェイスの中顔面は顔の活発な表情で、すぐにたるみが戻ってしまう部分でもあります。しかし経験豊富な名医であればリフトアップの実感や効果持続時間まで、まるで違ってきます。

そのため口コミを統計的に取っている当相談所にご相談いただければと思います。
カウンセリングについては、名医のみ、実際に数軒回ってみることが大切です。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。