セルリバイブ(W-PRP)の名医はどう選ぶべき?

セルリバイブ(W-PRP)は、自分自身の血液成分と細胞成長因子を注入することで、メスを使わず、異物を入れることでアレルギー反応を起こすといった心配もなく、安全性が高い若返り施術の一つでもあります。
特に加齢によるしわやたるみを解消したい、ニキビ跡を消したいといった方に最適な施術として取り扱われています。
セルリバイブ(W-PRP)は、一見メスを入れない切開方法で縫合も必要ないので高い技術力を要さないと思われがちですが、しかし実際の施術方法で重要になってくるのは注入によるデザインの高さが必要不可欠になってきます。
万が一、判断力が伴わなかった医師による施術の場合は、しわやたるみがとれなかった満足のいかない仕上がりや、注入しすぎることによってしこりになってしまう可能性があるので、セルリバイブ(W-PRP)において十分な知識に基づいた判断力、それを生かせる高い技術力が伴っている名医を探すことが重要になってきます。

セルリバイブ(W-PRP)の名医

リスクを事前にしっかりと開示する医師

セルリバイブ(W-PRP)は、細かな調節ができる技術力の高い医師の施術だけで仕上がりの良し悪しが決まるだけではなく、仕上がりに個人差が出やすい施術である点、注入部位に感染が起こり、強い痛み、腫れが出る事がある取ったリスクを事前にしっかりと開示する医師も名医かどうかを見極める判断ポイントになります。
またセルリバイブ(W-PRP)は目の下のくま消しやたるみ除去のために行った際には、特にしこりが残る失敗の可能性もるのがセルリバイブ(W-PRP)の特徴の一つで、施術経験の豊富さはもちろん、質の良い実績を構築しているかどうかが非常に重要になってきます。
それに加えて施術中の形の微調節、 触感 などの細やかな配慮、持続性、 傷跡、 合併症、後遺症といったような視点からもダウンタイムにしっかりと経過観察をしてくれるかどうか、術後 のアフターケアをしっかりと行っているかどうかという視点でも名医を選ぶ選定方法が挙げられます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。