セルリバイブジータのダウンタイムに気をつけること

セルリバイブジータの施術後のダウンタイムですが、3日ほどは痛みがあり、2週間ほど腫れが続く場合があります。
腫れだけではなく内出血を起こしている場合もありますので、様子を見てあまり痛みがあるようでしたら2週間の間は激しい運動を控えたり、患部に刺激を与えたりしないようにしてください。
また飲酒をしたり、マッサージをしたりして血行を良くするのもあまりよくありませんから施術をした日はお酒を控えるなどした方が良いかもしれません。
メイクをするのは良いのか?という疑問があるかもしれませんが、メイク自体は問題ありませんので患部に圧力を与えるなどしない限り気にしないで大丈夫です。

ちょっとした痛みがありますけど、セルリバイブジータによる副作用ではなく、一般的な注入療法によるものと同じものになり、一過性のものですからあまり心配しなくても良いでしょう。
基本的にセルリバイブジータは安全性が高い施術方法となっています。

セルリバイブジータのダウンタイム

ダウンタイムは腫れがひくまでに1週間ほど

セルリバイブジータは個人差がありますが、施術してから1週間から3か月で効果を感じられるようになります。
効果の持続性も長く副作用もなく安全性が高い施術方法ですので、ダウンタイムの時に起こる痛みや腫れや内出血を気にならないのであれば良い施術方法と言えるでしょう。

施術した当日は安静にしているのが一番ですが、どうしてもお風呂に入りたいという方はぬるめにしたシャワーをおすすめします。
内出血をする確率は従来の方法よりも比較的低いのですが、腫れた状態を長引かせないためにも無理に刺激しないようにしておいてください。
セルリバイブジータによるダウンタイムに掛かる時間ですけど基本的には腫れは1週間程度、内出血が出た場合は5日から7日程度で引きますし、もちろん個人差があるので多少時間の前後はありますが、それほど時間は掛からないのです。
施術をして数時間経てばメイクをしても良くて、少し痛みを感じる程度なので怖がることもないでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。