ワプトスのアフターケアで大事なことって何?

ワプトスとは、頬や首の脂肪を持ち上げるときに用いられる糸での施術になります。この施術で用いられる糸は自然にとける糸だというふうに言われており、ポリプロピレンという素材からできたものがワプトスになるようです。この糸を用いることによって、糸の周りにコラーゲンがつき、ハリのある首元や頬を作ることができます。しかし、これに関しては糸をどう選ぶかということになってくるということもありましてカウンセリングが5分弱で終わってしまうという病院やクリニックもあるようです。そのような病院やクリニックでは粗雑な施術が行われてしまうという可能性がありますので、事前に調べてから受診をしに行くといいでしょう。もし、病院選びを間違えてしまうと、思っていたのと違う仕上がりになってしまったり、糸を中心として、炎症を起こしてしまうという可能性もあります。折角綺麗になりたくて施術を受けるのですから、病院選びも慎重になりたいものです。そうすることでしっかりとアフターケアも受けられると考えられます。
ワプトスのアフターケア

アフターケアは冷やすことが効果的

ワプトスは失敗すると傷跡が残ってしまうという可能性ありますが、術後は特に血流が良くなってしまっていたり、痺れやひきつれなどの症状が出るかもしれないということには注意をしなければいけません。これは大体2週間前後でよくなるものとされていますが、それでもマスクなどで顔を隠すという人が多いようです。化粧したくらいで隠れるものではないのでもし気になるという人がいたら病院やクリニックに相談しに行ってみるといいのではないでしょうか。また、自分でできるワプトスのアフターケアとして、冷やすということが効果的であるといわれています。高いところでは50万前後、安いところでは10万前後と金額に差がある施術でもありますので前述もしましたが、病院を選ぶ際にはちゃんと調べてから選ぶようにすることをおすすめします。受診する際には事前に調べてから受診するといいでしょう。もしこれから施術を受けてみようと考えている人がいましたら、是非参考にしてみてください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。