Vビームレーザーの修正を受けるときのポイント

Vビームレーザーは色素レーザーとも呼ばれており、毛細血管拡張症または血管腫の治療に一番適しているとされる強力なレーザー治療です。肌の奥深くまで効果を発揮し、赤ら顔や赤あざなどの症状を改善することができます。赤あざの種類に合わせてパルス幅を設定することで治療される方に合わせて効果的に治療を行うことが可能です。Vビームレーザーの特徴として、従来の色素レーザーではパルス幅が固定されていましたが、そのパルス幅を可変させることができるためさまざまな血管異常に対応することが可能となっています。さらに、レーザーの熱エネルギーによる血管周囲のダメージを抑えるため冷却システムが備えられています。従来の色素レーザーの弱点を改善しているため効率よく治療することができるようになっています。こうした特徴を持つVビームレーザーですが、その効果や失敗そして修正をしなければならないときのポイントについてみていきたいと思います。

Vビームレーザーの修正

治療の経験が多く実績のある名医

Vビームレーザーは、赤い色素のみに反応させて行うレーザー治療ですから、効果としては顔のほほや全体的な赤ら顔などを改善、緩和させ、炎症してしまったニキビやニキビ跡などを改善させるためにも使用されます。このように正常な肌に近づけるために有効的な治療です。こうした効果と反対にリスクとして、経験の少ない医師のもとVビームレーザー治療を行うとやけどなどの失敗を起こしてしまうことです。さらにこうした失敗は基本的にやり直すことができません。もし失敗して治療後のトラブルや後遺症を抱えている方、修正を必要とされる方は、治療の経験が多く実績のある名医を探すことが必要です。Vビームレーザーは顔に治療するものですから、経験値が高く技術力も高い名医に治療してもらわなければ信頼して任せることはできません。治療を受ける前にカウンセリングを受け失敗のリスクや料金、アフターケアなどについてしっかりと確認することが必要です。当相談所ではこうした名医を紹介していますのでお気軽にご相談ください。そして納得したうえでレーザー治療・修正を行いましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。