Vビームレーザーのアフターケア、やっていいこと悪いこと

Vビームレーザーは、595nmの波長のレーザー光を利用した治療です。赤い色素に吸収される特徴を持つ光であるため、血液成分のヘモグロビンに最も選択的に吸収され、周囲組織へのダメージを最小にすることができます。赤アザ、赤ら顔 や赤く色素沈着してしまったにきび痕の改善、ケロイドの治療、ウィルス性のいぼなどの治療に適切であり、多くのクリニックで導入されていて、安全性に関するデータもしっかりしています。ヘモグロビン治療に用いるレーザーは585nmの色素レーザーでしたが、皮膚深達度が劣るという欠点がありましたが、Vビームレーザーは深い病変を治すことも効果的であり、アフターケアをほとんど行わなくても、一度で病変を完治させることが可能になっています。治療後には、レーザーによって生じた赤みなどのケアをするだけでよく、今までのレーザーと比べ治療後の赤みや腫れが少ないため、アフターケアが非常にであり、非常に人気が高い治療法になってきています。

Vビームレーザーのアフターケア

アフターケアをしなくても大丈夫

Vビームレーザーでは、施術をしてもらった直後から、内出血が生じる場合があります。内出血は1〜2週間で自然になくなっていくため、安心することができます。Vビームレーザーのレーザー照射により一時的に腫れが生じることもありますが、施術後5〜7日間程で自然に消失していくため、特に目立ったアフターケアをしなくても大丈夫です。腫れがひどい場合には、軟膏を塗ったり、患部を冷やしたりなどのケアをするのみで大丈夫であるため、ケアを非常に行いやすいです。また、レーザー照射により生じる熱で皮膚に炎症が起きて、施術後に炎症後色素沈着が生じることがありますが、この症状も数か月で自然に消えていきます。メイクなどで隠すことも可能な程度の炎症であるため、見た目に大きな影響を与えることがなく、安心できます。炎症後色素沈着が気になる場合には、アフターケアとしてトレチノインおよびハイドロキノンの外用とビタミンCの内服でケアをすることも可能であり、皮膚をコントロールしやすいです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。