Vビームレーザーの失敗として考えられることって?

シミ除去や脱毛に関する美容施術としてよく利用されるのが、レーザーです。医療機関ではエステサロンや家庭用のレーザーよりも強力なものが使われますので、高い効果が期待できます。
シミや毛に反応するレーザーは、黒色に近い色素に反応するという特徴があります。そうではなく、赤い色素への反応を得意とするレーザーも存在します。Vビームレーザーがそれにあてはまります。
赤いニキビ跡や赤ら顔、赤いアザを除去できる能力を持っているVビームレーザーですが、安全性が高いのがメリットです。従来の機器よりも性能が高いことで知られています。
安全性の高いVビームレーザーであっても、失敗する可能性はゼロではありませんので、十分に注意してください。
失敗を防ぐには、この治療法に精通した医療機関を見つけることです。機械の操作が得意というだけでなく、正確に症状を診断できる能力が重要なポイントです。
その症状が本当に血管などの影響で引き起こされたものなのかを、見極める技術がほしいところです。

Vビームレーザーの失敗

照射した部分が腫れ上がる、痛くなるといった失敗

Vビームレーザーを受けると、照射した部分が腫れ上がる、痛くなるといった失敗を感じられることがよくあります。ですが、厳密にいうとこれはダウンタイムの影響であるのがほとんどで、まだVビームレーザーを失敗したと判断する段階ではありません。
腫れや痛みの症状は1週間から2週間ほどでおさまります。だいたい1ヶ月くらいは様子を見ましょう。1ヶ月経過してもつらい症状がおさまらなければ、施術を受けた医療機関に相談してみましょう。
しかし、基本的にVビームレーザーは1回の施術で完了するものではなく、悩みを改善するには何度か照射を繰り返すようにします。だいたい3週間から4週間くらいに1回のペースで施術を行いますので、次回の施術の時に腫れや痛みについて相談すれば、施術方法を工夫するなどして対処してもらえる場合がほとんどです。
このレーザー治療を受けた後は、日焼け止めを塗って紫外線を避けるようにします。そうしなければ、症状が悪化する失敗のリスクが高まります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。