裏ハムラ法の名医はこう探しましょう

目の下のたるみを取る美容整形にも様々な種類があり、ハムラ法と呼ばれる施術は目の下の皮膚を切開してたるみを取り除いていくこととなります。このほかには裏ハムラ法もあり、裏ハムラ法は皮膚を切開せずに目の下のふくらみを移動させてたるみを目立たなくする治療となります。下まぶたの裏側から治療を行うこととなりますので、肌の表面に傷が目立つ心配はありません。目の下のふくらみを影になっている部分に移動させることができ、たるみが目立たなくなり、目の下のハリもアップします。そして元々あるふくらみを利用していますので、脂肪注入法のように脂肪の定着率を気にする必要もありません。
治療後はある程度の腫れや内出血はありますが、皮膚を切るハムラ法と比べると少なくなっています。
ダウンタイムをできるだけ押さえ、自然できれいな仕上がりにするためにも医療機関選びは慎重に行っていきましょう。医師の技術力の高さはとても大事ですので、名医に担当してもらえるよう情報はしっかり調べておきましょう。

裏ハムラ法の名医

目の下のたるみ、ふくらみを改善できる治療として人気

裏ハムラ法は傷が目立たず目の下のたるみ、ふくらみを改善できる治療として人気ですが、治療がうまくいかなかった場合は目の下のたるみ、ふくらみが思ったように改善しないこともありますし、小じわが増えてみえることもあります。
さらに目の下がくぼんでしまったり涙袋が目立つ、移動させた脂肪が固くなってしまう可能性があります。
こうした失敗は医師の知識や技術力が不足しているということが大きいので、医療機関選びは慎重に行ない、若々しい目元を取り戻していきましょう。
裏ハムラ法の名医を探す場合は、まずは医療機関の情報をよく調べ、どのような治療を得意としているクリニックかをよく確かめておきます。
さらに在籍している医師の経歴や得意としている分野、評判などはしっかり確認しておきましょう。治療の技術力はもちろんアフターケアが万全かも確認しておきたいところです。
名医が担当してくれることでダウンタイムも抑えられ美しい仕上がりを期待することができますので、クリニック選びは慎重に行いましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。