トレチノイン・ハイドロキノンの名医といえるお医者さんとは?

シミ取り治療として知られるトレチノイン・ハイドロキノン療法。レーザーで焼くことなく、この2種類のクリームを塗るだけで気になるシミをなかったことにできることから、治療を考えている女性も少なくありません。ネット通販など気軽に購入できるので、セルフケアでシミを撃退と意気込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。でもちょっと待ってください。シミは肌内部にたまったままになったメラニン色素です。これを排出させるには強力な力が必要になります。知識の乏しい素人がやってシミが治るところか悪化することも考えられます。
トレチノイン・ハイドロキノン療法とはトレチノインで肌を半ば強引にターンオーバーさせてシミの排出を促し、その際の色素沈着を防ぐためにハイドロキノンを利用するという方法です。使用するトレチノインの量、ハイドロキノンの塗り方、治療中の肌ケアなど守らなければならないことが多々あるので、素人が手軽に手だしすべきものではありません。美容皮膚科などで名医にお願いするのがベストです。
トレチノイン・ハイドロキノンの名医といえるお医者さんとは?

トレチノイン・ハイドロキノン療法でシミをきれいに

トレチノイン・ハイドロキノン療法は実はかなり危険です。トレチノインで皮をむいてハイドロキノンでその際の色素沈着を防ぐのが治療の仕組みですが、全てがうまくいくわけではないからです。多いのがハイドロキノンによる炎症です。ハイドロキノンは強い成分なので肌に合わない方がいます。赤く炎症を起こした場合は肌に合わないわけですが、自分一人でやっているとこれはシミが治っている証拠と勘違いして使い続けることがあります。これは炎症なので使用を続けるとそれがシミとなってしまいます。このようにトレチノイン・ハイドロキノン療法は、自分一人で行うのはリスクを伴うわけです。
トレチノイン・ハイドロキノン療法でシミをきれいにしたいなら、名医に任せるしかありません。クリームを塗るだけといってもその量、範囲、期間、治療中、そして治療後の肌ケアなど色々考慮しないといけません。しかも肌状態は一人一人異なります。これを見極めて判断できるのは経験の豊富な名医だけです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。