タイタンのダウンタイムにしてはいけないことって?

年齢を重ねるごとにフェイスラインや、首にたるみが気になるという方も少なくありません。
これは加齢によって、コラーゲンやエラスチンといった、肌を支える物質の生成量減少してしまう為に起こる症状です。
スキンケアで改善する事が難しい為、悩んでいる方が多い症状です。
加齢による皮膚のたるみを解消したいなら、「タイタン」という美容医療を受けてみてはいかがでしょう。
この美容医療は赤外線を使用した光治療です。
赤外線を肌に照射すると肌内部が、50度から60度にまで上昇します。
この熱の作用によって肌の引き締め作用や、コラーゲン・エラスチンの生成量が高まり、顔や首のたるみを解消できます。
肌への刺激が少なく、しかも施術中の痛みもほとんどありません。
ですので、受けやすい美容医療として人気です。
ただ、受けやすいといっても、やはりダウンタイムの期間はあるので、この点は注意しましょう。
タイタンを受けた後は内出血を起こす事はありませんが、多少腫れ感や痛みを感じる事があります。
タイタンのダウンタイムにしてはいけないことって?

ダウンタイム期間中は紫外線を浴びないように

タイタンの施術後には、少し熱っぽく感じたり、痛みや多少の腫れ感を感じる事があります。
美容整形に多い内出血といった症状は起こりません。
比較的、施術後に現れる症状は軽いもので、しかも数時間から数日も経てば自然に回復していきます。
ですので、初めて美容医療を受けるという方でも、安心して施術を受けられるでしょう。
ただ、ダウンタイム期間中は紫外線を浴びないように、注意する事が大切です。
タイタンは肌への刺激は少ないものの、やはり普段よりダメージを受けやすい状態です。
このような特に紫外線を浴びてしまうと、色素沈着やシミが出来やすくなってしまいます。
施術直後からメイクが可能ですので、日焼け止めなどで紫外線から肌を守りましょう。
ただ、タイタンをはじめとするレーザーや超音波などを使う、美容医療の知識や技術が低い医師が施術を行った場合、熱傷の副作用を起こしてしまうケースがあるようです。
当相談所では熟練した医師をご紹介できますので、施術を受けたいと考えている方はご利用ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。