SOOFリフトの修正方法ってどんなもの?

下瞼のたるみを引き上げるのがSOOFリフトです。目の下のたるみが気になる人にはおすすめで若返りの効果を期待することができます。目の印象が変わるため顔全体の印象に影響がでますが、満足いかない場合は修正することがおすすめです。SOOFリフトを行った後には腫れや痛みが2週間ほどありますが、ダウンタイム期間は冷えたタオルやアイパックでケアすることで対応できます。痛みに関しては個人差があるため、鎮静剤などを処方されるため痛みが苦手な人でも安心です。SOOFリフトを行う際には表面麻酔や全身麻酔などの方法があるのでスムーズな施術を行うためにも適切な麻酔を選ぶ必要があります。
目の下のたるみだけが改善して全体のバランスが悪くならないように注意する必要があります。顔全体のバランスで満足が得られない場合があるので修正してもらうときもあります。バランスの取れた顔にするにはドクターとのカウンセリングを充実させる必要があります。

SOOFリフトの修正

SOOFリフトを行う際には医師選びが重要

症例数が多い医師、クリニックやアフターケアが万全のところで施術を行うのがベストです。SOOFリフトはとても高度な技術が必要な施術ですので正確にできる医師は限られているのが現状です。修正をすることがないようにSOOFリフトを行う際には医師選びが重要になってきます。ドレーンや抗生剤点滴の2種類を使用して限りなく感染症を抑えることができます。技術力のある医師にあたることで自分の肌を守ることにもつながります。
効果がうすかったり、引きつれや麻痺にならないように自分でできるケアなどを教えてもらうことがおすすめです。ダウンタイム期間は赤みがあったり、腫れがどうしても出てきますのでマスクをつけて外出するなどの対応が必要です。上手にリフトアップできると若く見られたり、整った顔立ちになります。加齢に伴って顔の表情筋がたるんできて老けてみられます。たるみを改善することによって5~10歳ほどの若返りを実現することができるためSOOFリフトはおすすめです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。