SMASリフトのダウンタイムについて

毎日、欠かさずに肌のお手入れをしっかり行っている女性は珍しくありません。ですが、年齢と共に肌の衰えはどんどん顕著になって行くものです。肌の衰えとして特に目立つのがたるみであり、皮膚が垂れ下がって行く事により、目立つ形で顔にたるみが出来た結果、フェイスラインが崩れてしまいます。残念な事に肌のお手入れでは、たるみやフェイスラインの崩れを改善するのは難しいですが、美容クリニックに行き、整形手術を受ける事で、たるみやフェイスラインの崩れを改善する事が可能です。そして顔のたるみやフェイスラインの崩れを改善するための施術としておすすめ出来るのが、SMASリフトです。ただしSMASリフトは、たるんだ皮膚に高い引き上げ効果をもたらす一方で、整形手術であるため、手術後にはダウンタイムが存在しています。そのため手術後のダウンタイムには痛みと共に、内出血による腫れが目立つ形で生じる可能性が高いので、受ける際には注意が必要です。

SMASリフトのダウンタイム

実際に手術を受けた人からの評判

SMASリフトは、皮膚と筋膜という2つを駆使して顔の皮膚を引き上げる術式となっています。お陰で皮膚だけを引き上げるフェイスリフトの手術よりも、しっかりとした皮膚の引き上げ効果を得る事が可能です。SMASリフトはこの様に手術の効果が高い分、失敗した際のリスクも高く、引き上げ過ぎて歪な顔になってしまったり、顔の神経が麻痺するといった厄介なリスクも存在しています。なので手術を受ける際には、SMASリフトの手術実績が豊富あったり、実際に手術を受けた人からの評判が良い美容クリニックを選ぶべきです。料金が安いといったいい加減な理由でクリニック選びを行うと、手術失敗のリスクが高まる事になるので、注意が必要です。更に手術に成功しても、ダウンタイムを長引かせない様にするのと同時に、手術の効果をきちんと得るために、傷跡にはなるべく刺激を与えない様に注意すべきです。同時に痛みや内出血による腫れが酷い場合は、患部を冷やすという方法も有効だったりします。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。