SMASリフトのデメリット3つを理解して失敗回避!

SMASリフトは皮膚とSMASの二層で引き上げる方法で耳の前のしわ部分に沿って耳の後ろまで切開を行います。

たるんだ部分の皮膚とSMAS筋膜を剥離して皮膚と組織を引き上げて固定します。

フェイスリフトはほかにもやり方がありますが、皮膚だけをつなぎ合わせる方法だと、周辺部位が逆に下がってきてしまい不自然な表情になることがあるので、筋膜と呼ばれる皮膚の下にある筋膜も調整とトリミングをすることが重要になってきます。

しかしSMASリフト手術ができる医師はあまり多く、技術力の低い医師ではトラブルになることがあります。

またSMASリフト手術に関するデメリットもいくつかあり、まず一つ目に効果が出ない場合が挙げられます。

効果が出ない場合は引き上げが足りなかったことが原因だと考えられますが、逆に引き上げすぎると手術後につっぱりを感じたり顔の印象が大きく変わってしまうことがあります。そのためちょうど良い加減が難しい手術だと考えられます。

SMASリフトのデメリット

手術が失敗になるケース

SMASリフトの手術では、しっかりとSMASや皮膚を引き上げていないことがあります。

SMASリフトは顔面神経を傷つけてしまったり皮膚が懐死してしまい、手術が失敗になるケースがあります。そのためには剥離をしっかりと行う必要があるので、短時間で手術が終了してしまうようなところでは納得のいく仕上がりにならない可能性が大きいです。

リスクに関しては白目や角膜の損傷 、眼球の火傷、 糸の露出 、糸に対するアレルギー、 糸に違和感、異物感、神経の損傷、フェイスリフトの禿げ、表情が無くなる 、コーンが外れる 、傷の段差・凹み、 耳の変形、 色素沈着など様々なケースが挙げられます。

また手術後はダウンタイム期間が短くて1週間、長いと2週間以上かかるので、休みが多く取れない方には手術を受けることはデメリットになります。

ダウンタイムは1週間から2週間となっていますが、これは外に出ても大丈夫なくらいであって馴染んだり自然になるのはもう少し時間がかかります。

SMASリフトには切開した毛髪内がハゲるというデメリットがある

SMASリフトのリスク 切開した毛髪内がハゲることがあります。

フェイスリフトの施術で考えられるリスクの中でも、特に心配の度合いが高いのが、頭皮を切開したことでその部分の毛根が失われ、切開した毛髪内がハゲるというケースです。

施術直後にはトラブルがなくても、皮膚を切開した事で血流障害が起こって髪が徐々に抜けてしまうこともあります。毛根が無くなってしまうので、失われた毛髪が再び生えることもありません。こういった事態に陥らないようにするには、名医の施術を受けることが大事となります。

SMASリフトのリスク ひきつれ

皮膚と、筋膜であるSMASの2層で引き上げるSMASリフトでは、皮膚にひきつれが発生してしまうケースがリスクの一つに数えられています。

皮膚を上へと引っ張り過ぎたことが原因で発生します。経験が少ない医師の施術によって、起こりがちな事態です。皮膚が突っ張ったようになってしまうことから、こわばった感じの不自然な表情になってしまい、その違和感がある表情で、美容整形を受けたことが、周囲の人に悟られやすくなります。

SMASリフトのリスク 効果が無い

皮膚だけでなく、その下にある筋膜も一緒にリフトアップすることで、皮膚の土台となっている筋膜も上へと引き上がることから、シワやたるみの改善効果に優れた術式となっています。

筋膜を剥離しなければならないだけに、高い技術を要する美容整形でもあります。そのため、経験も技術も今一つの医師が施術を行った場合、筋膜を上手くコントロールできず、リフトアップ効果が無いというリスクを持つ施術とも言えます。

名医による施術で、リスクを心配せず受けたいSMASリフト

フェイスリフトの中でも満足度が特に高いと言われるSMASリフトも、技術が伴わない施術では、ひきつれや切開した毛髪内がハゲるなどのリスクばかりか、効果が無いという無念の結果に終わってしまいます。

そうならないためにも、評判の高い実績ある医師の施術を受けることが、何よりも大事と言えます。当相談所では、名医の美容外科をご紹介をしております。良い結果を得るためにも、どうぞお気軽にご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。