シルエットリフトのリスクを知らずに受けたら?

シルエットリフトは、特殊な構造の糸を使用してほうれい線やたるみを解消するという施術法です。従来の糸が棘が付いていて、その棘によってリフトアップさせているのに対し、シルエットリフトの糸は、棘の代わりにコーンと呼ばれる円錐形の突起物が糸についています。このコーンが、皮下脂肪に引っかかってしっかりとリフトアップしてくれるのです。そのため、数ある糸を用いたリフトアップ術の中でも、特に引き上げ効果の高い強力なリフトアップ術なのです。しかも、リフトアップ効果だけでなく、糸の周囲にコラーゲンやヒアルロン酸が生成されるので、ハリや弾力が増して肌を若返らせるのです。つまり、リフトアップ効果だけでなく、ビア肌効果も期待できるのです。このような効果のある施術ですが、もし施術を受けるとしたら、リスクについてもきちんと調べておく必要があります。シルエットリフトにはどんなリスクがあるのかを、あらかじめ把握することはとても重要なことです。

シルエットリフトのリスク

切開を伴う施術と比べると効果が小さい

シルエットリフトには、いくつかのリスクが存在します。まず、挿入した糸が外に露出してしまうことがあります。この場合は、表に出た部分の糸をカットして中へと埋め込む処置をしなければなりません。そして、左右差が出てしまうことがあります。元々人間は必ずしも左右対称ではないので、左右差が出てしまうこともあります。その際は、手術で修正が可能な場合は修正手術を行います。そして、凹凸が出ることがあります。糸を使用したリフトアップは、限られたポイントを引き上げるので、強く引き上げた時に皮膚に凹みが生じることがあります。この場合は、凹みの部分を引っ張って糸の引っかかりを外すことになります。また、感染のリスクもあります。というのも、埋め込んだ糸が感染を起こすことがあるためです。そして、シルエットリフトは、切開を伴う施術と比べると効果が小さいと感じることがありますが、これにも個人差があります。もし、シルエットリフトの施術を受けるなら、このようなリスクがあることを把握しておく必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。