シルエットリフトのアフターケアは大事?

美容の最先端を行くアメリカで開発されたシルエットリフトは、従来のスレッドリフトで使われているギザギザの突起が付いた糸ではなくコーン状の引っかけが配置された新しいタイプのリフティングです。コーンは生体分解性なので時間が経つと細胞に吸収されるため自然な仕上がりで、肌の下に異物がある違和感に悩まされずきれいなフェイスラインを作ることができます。シルエットリフトは術後すぐに効果を実感できますが、コーンが肌に吸収されるまではアフターケアを行って状態を観察したほうが確実な引き上げ効果を得られます。人によってはコーンの吸収が早すぎて糸の突起がなくなり引き上げ力が足りなくなってしまったり、せっかく引きあげた部分がまたたるんでしまうこともあるので定期的に様子を見て、気になる部分があったら施術を受けたクリニックで相談してみましょう。一度施術した部分をもう一度引き上げることもできて、わずかな施術で修正が可能です。

siruettorifutonoaftercare

後から腫れや痛みが生じたときにはアフターケアが必要

シルエットリフトは切らずにできる施術なので大きな傷跡が残ったり髪の毛を切ったりする必要がなく、局所麻酔で比較的簡単に行えるリフティングです。しかし肌に針を通して糸を入れることを繰り返すので、施術直後は違和感があったりつっぱりやチクチクする痛み、皮下出血などが気になることもあります。後から腫れや痛みが生じたときにはアフターケアが必要で、化膿したり炎症を起こしている場合もあるのでしっかりと担当医の診断を受けましょう。人によっては顔のむくみや腫れ、頭皮の異常、糸を通した部分の肌にくぼみができるなどの症状が見られることもありますが、通常は術後2週間以内に治まります。いつまでもトラブルが続くときは速やかに診察を受けて異常がないかチェックしてもらいましょう。シルエットリフトはベンチタイムも短くて、当日から洗顔や入浴が可能で次の日にはメイクもできるので日常生活に復帰しやすい施術ですが、アフターケアを怠らずに肌を大切にしましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。