シルエットリフトのデメリット4つって何?

切らないリフトアップとして人気の高い糸を使った施術ですが、中でもシルエットリフトは効果があることで知られています。
シルエットリフトとは、コーンのついた特殊な形状の糸を皮膚の下に通し、コーンに皮下組織を引っかけて引っ張り上げ固定することで、シワやたるみを改善するものです。切開するフェイスリフトには及びませんが、糸を使用した施術の中では持続性があります。

また、糸を皮膚の下に通して皮下組織に軽いダメージを与えることで、免疫細胞の1つであるマクロファージが活性化され、コラーゲンやエラスチンの生成を促します。そのおかげで糸による引き上げ効果だけではなく、美肌効果も期待できるのです。

このようにメリットがたくさんあるシルエットリフトですが、やはりどのような施術にもメリットがあればデメリットがあるように、残念ながら全くデメリット無し、というわけにはいきません。
施術を希望する時には、デメリットについても確認してから受けるようにしましょう。

シルエットリフトのデメリット

効果が半永久的に持続するわけではない

メスを使用したフェイスリフトに比べて施術時間が短く、ダウンタイムも軽いシルエットリフトですが、やはり施術を受ける際にはデメリットについても押さえておかなければなりません。

シルエットリフトの一番のデメリットは、何と言っても効果が半永久的に持続するわけではない、ということです。糸に溶ける素材のものを使用した時には、個人差はありますが、だいたい1~2年で効果が薄れてきます。溶けない糸の場合にはそれよりも持続性は高くなりますが、それでも3~4年ほどで効果はなくなります。
また、シルエットリフトに使用される糸には伸縮性がありません。そのため、人によっては引きつれたような感じを持つ人もあります。中には、口を動かしたりする時に違和感を覚えたり、痛みを感じることもあるようです。

気軽に、しかも何度でも受けられ効果も高い、とメリットの多いこの施術ですが、それだけにその数少ないデメリットをきちんと理解したうえで、納得のいく施術を受けたいものです。そうすれば、きっと嬉しい結果を呼び寄せることができるでしょう。

デメリットにご用心。シルエットリフトをしてたるみが解消しない・効果がない原因は?

シルエットリフトのリスク、たるみが解消しない・効果がないとは。

シルエットリフトは特殊な構造を持つ糸を用いたリフトアップ術です。コーンと呼ばれる円錐状の生体分解ポリマーと非吸収のポリプロピレン糸の相乗効果によって皮膚を強力に引き上げます。

通常は5年ほど効果が持続しますが、糸の固定部分がゆるんだり長さが合っていないなどの理由で効果が得られず、数か月で元に戻ってしまうこともあります。糸が肌の細胞に固定される前に顔を強くマッサージするなどして糸がずれ、引き上げ効果がなくなることもあります。

シルエットリフトのリスク ひきつれ・笑顔が不自然

シルエットリフトの糸にはコーン状の特殊な突起が付いており、引き上げる力が強いというメリットがありますが、その反面、強く引っ張りすぎて顔がひきつれてしまい、笑顔が不自然になるというデメリットも考えられます。慣れるまでは肌に違和感をおぼえたり、使っていない顔の筋肉が常に緊張した状態になることもあります。

笑ったときに特定の筋肉がひきつってしまうことで自然な笑顔になれず、周囲に美容整形を受けたことを悟られてしまうことにもなります。

シルエットリフトのリスク 糸が透けて見える

一般的に使われるギザギザ突起が付いた糸と違い、比較的大きなコーンの付いた糸ということで、挿入する位置が浅すぎると、糸が肌の表面に浮かびあがり、透けて見えてしまうというリスクもあります。

見た目にも、でこぼこしたラインが見えてしまったり、触るとチクチクした痛みを感じることもあります。リフティングをしていることが周囲に判ってしまうことはもちろん、メイクでも隠せないといった、大変困ったリスクもはらんでいます。

おすすめの美容外科で、安心して施術を受けたいシルエットリフト

最新のテクノロジーが生かされた特殊な糸による効果的なリフトアップ術も、豊富な知識と熟練の技を持つ名医による施術を受けなければ、良い効果を得ることができません。

腕が今一つの医師では、効果が持続しなかったり、ひきつれや糸が透けて見えるといったリスクのほうが高まってしまいますので、美容外科を選ぶ段階こそが重要と言えます。当相談所では、おすすめの美容外科をご紹介をしておりますので、どうぞお気軽にご連絡なさってください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。