理想の自分を手に入れる!リガメントリフトのメリット

たるみを引き上げるために効果的な美容医療が「リガメントリフト」法とはどんな医療方法であるのか詳しく見ていきましょう。
そもそもリガメントは顔面の皮膚と骨の間に貝柱のように皮膚を骨に強く固定しているのがリガメント(靭帯)と言います。老化すると皮膚や皮下脂肪は貼りが失われていきたるみのトラブルへとつながります。しかし、リガメントがある部分はしっかりと固定されているのでたるみにはなりません。一方で、リガメントがない部分はたるみへとつながっていきます。では、リガメント法は耳の前で皮膚を切り取ってほほのたるみを引き上げる治療法と言えます。従来のフェイスリフト耳の前の皮膚をひっぱったとしてもリガメントが抵抗となりたるみを引き上げることができない場合があります。このリガメントをはずし、耳前部で引き上げようとする力がリガメントより前方の口角やほうれい線にまで届くようになります。
では、このリガメントリフト方法にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

リガメントリフトのメリット

リガメント(靭帯)をリフトするので後戻りがしにくい

そもそもリガメントリフト法は、まず耳前部で余った皮膚を切除します。その後カラスの足跡と言われる目尻のしわを解消するために目尻で眼輪筋を処理します。この眼輪筋を引きあげて下まぶたとミッドフェイスのたるみをリフトし、ほほの咬筋前縁や頬骨に付着するリガメントを解除してほほと顎のラインと首のたるみをリガメントで引き上げます。このようにリフトアップをする方法です。
では、このリガメントリフト法の最も大きなメリットはリガメント(靭帯)をリフトするので後戻りがしにくいことです。つまり、効果が持続するということです。しかし、2週間前後は腫れやむくみなどのダウンタイムができる場合があるのでしっかりとメリットとデメリットを知った上でリフトアップ手段としてケアをしてもらいたいです。
たるみは誰もが経験するべき肌トラブルです。若いときはキレイでもたるみは誰もが逃れられません。そのときにたるみを改善するためにもリガメント法のリフトアップを取り入れると理想の肌が手に入るかもしれません。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。